癖玉!ニコンAF-S NIKKOR 58mm f/1.4G レビュー・作例

Nikon Fマウントの癖玉レンズと言われている
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gをレビューします!
古いレンズだけど、今更買う価値あるの?
新しいZマウントの方が良いレンズがあるんじゃないの?
と悩んでいる方が多いようです。
このレンズの面白さ・良さをお伝えします。
私はこのレンズが大好きなので、少しでもこの気持ちを共有したいです。

 

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G の特徴
②使ってみた感想(良・悪)
③F値のよる描写の変化のサンプル写真
④作例
⑤今から買う価値があるのか

(参考出典:ニコン公式HP

いきなり結論!

楽しい悩みのあるレンズ

かなり悩みました・・・

このレンズを購入することにかなり悩みました。

価格.comや、レビューサイトを見てみると

描写が甘い

とレビュー される方が少なくなかったからです。

実際に使ってみると、確かに少しピントが合っていないような描写でした。

ですが、使い込んでいく内に、これがこのレンズの面白さであり、このレンズでしか表現できない描写なんだと気がつきました。

難しいけど楽しい!

このレンズは不思議なレンズです。

F値1.4では、フワフワした描写
F値2.2あたりでは、カリカリした描写

になります。

この使い分けが楽しく、被写体をどう撮るか、構図やシャッタースピードを考えると同時に

どのような描写にしようかと新たなステップで悩ませてくれるレンズです。

私が他で使用しているレンズでは、こんな悩みはありませんでした。

最近のレンズは解像度MTF曲線などの客観的なデータが優先し指標にされている気がしています。

ですが、この「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」は数値データだけでは語れないレンズの味があり、

使いこなすほど「良さ・楽しさ」がじわじわ体感できるレンズだと感じています。

私はまだまだ使いこなせていませんが、

このレンズとの関わりの入り口に立てたことを嬉しく思っています!

ここからは、より詳しくレビューしていきます!

このレンズの良いところ

癖玉でもあり銘玉

①このレンズでしか撮れない描写

このレンズの描写は「F値」によって大きく変化します。

F値1.4では、フワフワした描写
F値2.2あたりでは、カリカリした描写

悪い言い方をすれば、このレンズはF値1.4の描写が確実に他のレンズよりも甘いのです。

 

↑の写真はF値1.4で撮影したものです。

ピントが甘いように見えませんか?

これがこのレンズの特徴であり、他のレンズでは撮れない「癖玉」と呼ばれる理由です。

②立体感

ニコンは立体感を意識したレンズ開発を行いました。

「三次元的ハイファイ」という言葉で説明され、その第1本目がこのレンズになります。

F1.4という被写界深度の狭さも相まって、背景から被写体を浮かび上がらせることができます。

③背景のボケの綺麗さ

このレンズの特徴として、背景ボケの綺麗さも挙げられます。

ピント面からなだらかに溶けていくような描写で、ボケがうるさいということもなく自然なボケを表現できます。

梅田 ベンチ

Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
created by Rinker

使ってみた感想

2本のレンズを使っているような感覚

①F値の使いわけが楽しい

上記でも書いた通り、

F値1.4ではフワフワした描写になり、女性のポートレートや、花を撮影する際には良い雰囲気が出ます。

F値2.8くらいまで絞れば、より解像度が高くなりカリっとした描写となります。

この使い分けが楽しく、被写体をどう撮るか、構図やシャッタースピードを考えると同時に

写真の雰囲気を設定するためにF値も考える必要があります。

どんな描写にしようかと悩む、新たな工程を追加してくれるレンズです。

こんな悩みは、他のレンズでは体験できません。

F値ごとのサンプル写真

F1.4とF2.8とF6.3の3枚で比較するとこのレンズの描写変化がよくわかります。

開放F1.4・F2.8・F6.3で全然違う描写になります。

F1.4
F1.4
F2.8
F2.8
F6.3
F6.3

②小さくて軽い

フルサイズ用のレンズや、F1.4など明るいレンズは、「重たく大きい」が当たり前です。

ですが、このレンズは385gしかありません。

Fマウント・Zマウントレンズの中でもかなり軽い部類に入るレンズです。

撮影に出かける際には

とりあえずこの1本はカバンに入れておこう

という気持ちにさせてくれます。

イマイチと感じるところ

イマイチな部分を差し引いても良いレンズ

上記までのレビューはベタ褒めな内容でしたが、

もちろん不満点もあります。でも2点だけです!

①パープルフリンジが出やすい

このレンズは太陽の下で撮影するとパープルフリンジが出ます。

でもこれは、現像ソフトLightroomやニコン純正のソフト「NX Studio」で

「軸上色収差」の補正をすれば綺麗になります。

左が修正後、右が修正前です。

②最短焦点距離が長い

最短焦点距離は58cmです。

テーブルフォトなど、もっと近づいて撮りたいと思っても近づけない場面が結構あります。

私が感じるこのレンズのデメリットは上記の2点です。

ただ、この2点は大した問題ではなく、このレンズの面白さの方が勝っています!

 

今更、このレンズを買う価値があるのか

Zマウントからは絶対に発売されない

Z50

①手ブレ補正追加でさらにパワ−アップ!

私は、ミラーレスカメラZ7ⅡとZ50でもこのレンズを使っています。

このレンズにはレンズ内手振れ補正がありませんが、

ミラーレスZ7・Z6・Z5系のフルサイズボディでは、手振れ補正が効くので、

FマウントのD850で使っていたときより楽しめています。

ミラーレス機は本体が小さいので、

マウントアダプターFTZを装着しても違和感なく、ちょうどサイズのように感じました

 

Nikon マウントアダプターFTZ
created by Rinker

②今から買っても楽しめます!

私はZ7ⅡとZマウントレンズを数本所有しています。

Zマウントのレンズはどれも素晴らしい描写で、どれも「優等生」なレンズです。

ですが、優等生すぎてある意味「癖が少なすぎる」と感じる場面もあります。

Zマウントレンズを使用した後、「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」を使用すると

「やっぱこのレンズ面白れぇ〜」って感じます。

まだこのレンズを超える「癖の強いレンズ」はZマウントにはありませんので、

おそらく、Zマウントからは発売されないくらい癖の強いレンズです。

発売から7年経過しているこのレンズを、今更買っても十分楽しめます!

Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
created by Rinker

作例

少しだけ作例を載せておきます。

D850・Z7Ⅱ・Z50の3台のカメラを使用しています。

Nikon D850
created by Rinker
Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
created by Rinker

動画でも使用しています

動画作成も少しずつ挑戦しています。

このレンズで撮った作例をYouTubeにアップしていますので、良かったら見てみてくださいね。

時間は1分半くらいです。

 

この動画は、ニコンZ50で撮影しています。

ニコン Z50 16-50 VR レンズキット
created by Rinker

Fマウント F1.4シリーズ

優秀な3兄弟

私はこのAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gを含めF1.4シリーズの3本のレンズを使い続けています。

残りの2本は兄弟のような位置づけだと思っています。

28mm 58mm 105mmとバランスの取れた焦点距離で、この3本あれば色んな場面に対応できます。

それぞれぶっ飛んだ性能をしています。

レビュー記事を書いていますので良かったら読んでみてくださいね。

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
レビュー記事:AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED レビュー

人力車

Nikon AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
created by Rinker

AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED
レビュー記事:AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E EDレビュー 

AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED で撮影したハロウィンの男の人の写真

ニコン AF-S NIKKOR 28㎜ f/1.4E ED
created by Rinker

Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
created by Rinker

最後に

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gのレビューを行いました。

まだまだ使いこなせていないですが、もっと使いこなしたいと思わせてくれるレンズです。

Zマウントユーザーの方でも、

「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」に興味があれば、

是非使ってみて欲しいです!

本当に楽めます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!


関連記事でニコンのカメラやレンズのレビューをしています。良かったら見ていってください。

スポンサーリンク

Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。