Nikon D780 レビュー考察!D850ユーザーからの感想、Z6との比較。

はじめに

ニコンから一眼レフ機 D780 が2020年1月24日に発売されました。

 

D780 イメージ

今回は、D850を使用している私から見た感想

カタログスペック、実機に触った印象を踏まえまとめます。

D780の特徴・要点まとめ

D750 + (Z6-x) = D780

D780の立ち位置

現在のニコンのフルサイズ一眼レフ機は以下のような3種類になっています。

  仕様 発売日 備考
D5 プロ仕様 2016年3月26日 2020年中に後継機D6が発売予定。
D850 ハイアマチュア 2017年9月8日 後継機の情報なし
D780 フルサイズのエントリー機 2020年1月24日 2014年9月発売のD750の後継機

D780は、フルサイズの一眼レフ機のエントリー機という立ち位置になっています。しかし、下記からのスペック比較から見ても、D850よりも使い勝手が良い部分も多々あり、エントリー機と言い切れないカメラとなっているようです。

比較表

D780とD850、ミラーレスのZ6の比較、特筆すべきポイントとまとめました。

  Z6 D780 D850 特筆する点
有効画素数 2450万画素 2450万画素 4575万画素 大は小を兼ねる
ボディ手ブレ補正 5軸補正     Z6.Z7はボディ内手ぶれ補正で、Fマウントレンズも手ぶれ補正がかかるので、得した気分
レンズ手ブレ補正

レンズシフト方式

VRレンズ使用時

    手振れ補正レンズならボティ側とボディ側で補正がかかる。ずるい。
記録媒体 XQDカードCFexpress

SDXC

UHS-II規格

SDXC

UHS-II規格

2450万画素ならXQDカードは使えないが、書き込み速度の速いSDカードでも十分
スロット シングル ダブル ダブル ダブルスロットで安心便利
倍率 約0.8倍 約0.7倍 約0.75倍 視野倍率は大きい方がピントも合わせやすい。D780を覗くと小さく感じました。
シャッタースピード 1/8000~30秒 1/8000~30秒 1/8000~30秒 D780は900秒まで遅らせることができる。
フォーカスポイント 273点

 

51点

ライブビュー撮影273点

153点 ライブビューがZ6状態になる。これは欲しい。D850の後継機にも入れて欲しい。
その他の機能

タイムラプス動画

電子手ブレ補正

動画Log出力

タイムラプス動画、

電子手ブレ補正、

動画Log出力

HDR(HLG)動画出力

タイムラプス動画

電子手ブレ補正

動画機能はZ6を引き継いでいます。

撮影コマ数

CIPA

310コマ 2260コマ 1840コマ 撮影枚数がZ6の7倍もあります。そもそも一眼レフ機はバッテリーは持ちますが、D780なら1日余裕ですね。
寸法(幅×高さ×奥行き) 134×100.5×67.5mm

143.5×115.5×76mm

146×124×78.5mm  
質量 約675g 約840g 約1005g 160g差ですが軽いは正義と言われることもあります。D850と比べても160g差。

上記の比較表を見ていただければわかると思いますが、

D780は、D850とZ6の良いとこ取りな部分が多々あります。

特にライブビュー機能はほぼZ6みたいな使い方ができます。(瞳AF可能)

D780の良い点

◾️Z7、Z6と同じ 最新エンジン EXPEED6!

画像処理エンジンは、Z7と同じEXPEED6が搭載されています。

D850はEXPEED5 、D750はEXPEED4です。

◾️像面位相差AFで、ライブビュー機能がほぼミラーレス機!

背面モニターでのライブビュー機能がD850から格段に向上しています。

また、Z6のような瞳フォーカスも使えるようになります。 D850は、もさっとしていまし、瞳フォーカスも使えません。

D850にも欲しい機能ですが、センサーそのものが違うので、 ファームフェアのバージョンアップでの適用は出来ないです。

D780は本当に進化しています。

◾️RAW撮影で連続撮影時でも68枚の連写バッファー

14bitのRAW撮影でもカメラ内のメモリーが止まらず連写できます。

運動会やスポーツ写真など、決定的瞬間を狙う際は便利ですよね。

◾️2260枚のバッテリー寿命

バッテリー寿命が大幅に向上しています。1日余裕で持ちますね。

D850はギリギリ1日持つかも持たないか。なので2本持ち歩いています。

ただライブビュー機能を使いずぎるとめっちゃ減りますので注意。

D780のイマイチな点

◾️縦グリップの拡張性なし

ポートレートをするなど、縦撮りを多用する場合には、縦グリップが欲しくなります。

D850は別売りの縦グリップが装着できますが、 D780は縦グリップの装着はできません。

◾️内部ストロボなし

D750では内部ストロボがありました。

いざという時に便利ですし、人の顔が暗くならないので、

使用したいところですが、D780では不採用になりました。

ミラーレス時代にD780?

各社、一眼レフ機は、ミラーレス機の開発に力を入れてきています。

ニコンもZ7,Z6,Z5と次々に発売しています。

D780の購入で悩まれている方は、Z6も検討対象になっているはずです。

ミラーレス機には便利な機能が多いですが、ファインダーに大きな差があります。

一眼レフは生を光を見て撮影できますが、

電子ファインダーは、液晶画面を見ているのと同じなので、好き嫌いがはっきりします。

実機で見て事前に確認されることをオススメします。

買うならD780?D850?Z6?Z5?

価格差

2020年8月時点で、価格最安値は、以下のような状況です。

D850 322,800円
D780 231,000円
Z6 220,000円
Z5 165,000円

◾️D850は本当に完成度が高く、写りも大満足、操作性も良く、他のカメラは不要になります。ただ、値段が発売してから丸2年経っても32万円程度します。

◾️D780は新エンジン、一眼レフ機の最新設計で23万円。ただ、実機を触った感じだと操作性やファインダー、機体自体の持った時のしっくり感を考えるとD850を買ったほうが幸せになれると思います。

◾️Z6   D780の購入で悩んでいる人は、選択肢の一つにミラーレスのZ6とも悩んでいると思います。ポートレートをよく撮る、動画も撮りたいって人は、Z6を買えば良いと思います。瞳フォーカス、ボデイ内手ぶれ補正は便利ですし、価格も安くなってきました。

◾️Z5  2020年8月にミラーレスZ6の下位機種のZ5の発売が決定しました。

機能面、価格的にコスパの良いカメラになているようです。

作例

◾️D780HPに作例が記載されています。

◾️D850および、Z6、Fマウントレンズ6種類作例

このブログの「Gallery」のページに載せていますので、参考に見てください。


結論

 

私の結論としては、

◾️一眼レフ機で本気で撮影したいなら 

D850

◾️手頃な価格で、最新設計の一眼レフ機を楽しみたいなら 

D780

◾️ミラーレスにも興味があり、これからレンズを買い揃えていく方なら 

Z6かZ5

ミラーレスに移行し、プロ機以外はもう発売されないかと思っていた一眼レフ機ですが、なんの噂もなく、いきなりD780が発売され驚きましたが、

このD780の発売で、ニコンは一眼レフ機を見捨てなかったことが嬉しかったです。実際、D780はすごい力の入った設計で、価格の割にお得感があり、いいとこ取りのカメラだと思いました。

ただ、いろんな機能を一眼レフ機に取り込んだことにより、少し中途半端な立ち位置になってしまっている気もします。


このブログの別記事でレビューしていますので、参考に見てください。

◾️D850のレビュー記事参考D850 レビュー記事

◾️Z6 のレビュー記事参考Z6 レビュー記事

◾️Z5 のレビュー記事参考Z5 レビュー記事

◾️Z50のレビュー記事参考Z50 レビュー記事


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


この記事で紹介した機材

ニコン Z 6 24-70+FTZマウントアダプターキット
created by Rinker

Nikon Z5 レンズキット NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3
created by Rinker
Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。