Nikon D850!約2年間使用したレビュー!Zシリーズの検討も。

今回は、Nikonの フルサイズ一眼レフカメラD850のレビューを行います。

購入して、約2年半メインカメラとして使用しているNikonの一眼レフカメラ D850のレビューを行います。

それなりに使い込んだと思っております。

今回は、買う際に悩んだことや、使用感、改善して欲しいところ、作例なども含め、レビューします。

Nikonからはミラーレスの新しいZシリーズも出ていますが、

一眼レフ機のD850の購入で悩んでいる人や、ニコンにしようか悩んでいる人の参考になればと思います。

D850を買う際に悩んだこと

今回、D850を購入するまで、かなり悩みました。

Nikon D750 や、Canonの5D 、PENTAXのKPも視野に入れ検討していました。

そこからやっぱりNikonにしようという直感で、D750と単焦点レンズ1本で始めようとほぼ確定していたのですが、

D850の発表があり、そのカタログスペックの高さにD750とD850で悩みはじめました。

 

D750の発売から時間が経過し、価格も落ち着いてきて当時は20万前後でした。

単焦点レンズもシグマの50mmF1.4で10万。

合わせて30万。これでも高いなと思いつつ、比較対象にならないD850が39.8万。しかも本体だけ・・・。

レンズも買うと50万超えるし、比較なんてする必要ないって結論でした。

 

ですが、実際D850を実機で触ってみると、そのずっしりとしたボディとなんとも言えないシャッター音で

一気に心がD850に向かっていました。

昔、親から言われた言葉で、「長く使うなら、良い納得するものを買いなさい。安本買いの銭失いにならないように。」

こんな時だけ親の言葉を引用しました。(そもそもD750も安モノじゃないし。)

また、ネットでも検索したくさんの方の意見を見てみると、

ここまで詰め込んで40万は破格なんじゃないか。Nikon本気で出してきている。Nikonの集大成。という、

プラスの発言が飛び交っていました。

ただ、自分はそれも踏まえてやっぱりD850を触った時の直感が背中を押したというのが結論です。

まとめると、

長く使うには、最新のものがイイ!
フルサイズ、高スペック、高画素数!
Nikonの本気のカメラを使ってみたい!
触ってみてすごいしっくりきた!

が購入したきっかけキーワードです。


買って満足しているところ!良かったところ!

4544万画素!(8256×5504ピクセル) →  画素数が多いことで、撮った写真を後で水平垂直を整えたり、トリミングし放題!

正直、私はまだまだ初心者です。

撮影時に、構図の決定、被写界深度、シャッタースピード、ISO、変わり続ける環境、に即座に対応できる能力はありません。

そのため、家に帰ってきて撮影した写真を見ていると、

傾いている、余計なものが写り込んでいる、なんで縦構図なんだ、なんでこの位置に主題を置いたんだ、

と自分で自分を疑うような写真が出てきます。

そんな時でもトリミングすればそれなりに見える写真になります。

私はこのトリミング作業がとても勉強になっていると感じています。次回は現場で活かせるように考えられるので。

そのため、D850の高画素数が、このトリミング構図調整の際にかなり役に立っています。

高画素だと、縦構図を横構図トリミングしてもパソコンのデスクトップの壁紙にも十分使えます。

また、私はタイムラプスも撮影するのですが、

ずっと同じ構図では飽きるので、後でズームやパン(横移動)したり編集してもこの高画素が活きてきます。

 

ファインダーがとても綺麗!(ミラーレスが絶対に勝てないところ)

D850の実機を触って良かったと感じた一つに、ファインダーから覗いた時の光景が綺麗だったということもあると思っています。

GRなどのコンパクトデジカメや、スマートフォンのように液晶画面を見て撮影する方法と異なり、

一眼レフカメラは、ファインダーを覗いて、そこから見える光景を切り取ります。

撮影しているだけで、カメラしてるな、切り取ってるなって感覚が強く、カメラが楽しい要因の一つだとも思います。

その点で、このD850のファインダーはとても綺麗です。

レンズと通して綺麗な風景を見るだけでもいい気分に慣れます。(視野率は上下左右とも約100%(対実画面)です。)

その頃、出ていた他社のミラーレスカメラを覗いた時、こんな疑似風景でよく撮影できるなって狭い世界に閉じ込められたみたいな気分でした。

D850含め、一眼レフ機は撮る風景がそのままレンズを通して生で見えるので気分が良いですね。

 

カメラマンにさせてくれる!(写真を撮るのはカメラ自身ではなく、自分だ!!)

撮りたいなって感覚を実行に移させ結果を出してくれるカメラだと感じています。

写真は、カメラマンが撮りたいって気持ちを実行させてくれるものだと思っています。

しかし、最近のカメラでは、カメラがなんでも自動で決めてしまい、なんならピントがあっていないなど、

条件によっては、シャッターを押させてくれないカメラが多く存在します。

ただ構図を決めるだけ。その内、AIで買ってに判断して撮影されそうで怖いです。

そういった点で、このD850は、

ャッタースピードの設定、絞り、ISO設定、も細かく設定できる。

ピント優先なのか、シャッター優先なのか。

シャッターを切らせるのは貴方ですよってカメラマンを支えてくれている気がします。

当たり前なことだけど、カメラとして当たり前なことをさせてくれるカメラです。

構図を決めるだけでシャッターを押したいだけの人なら、スマートフォンカメラで十分です。

 

Fマウントレンズの豊富さ、素晴らしさ! → Nikonは資産を大切にさせてくれる企業

ニコンのレンズマウントの歴史はもう60年近いようです。

その歴史の中で、Fマウントのレンズとしてたくさんの種類のレンズがあります。

マウントという、カメラとレンズの接点の機構を長年に渡り変更しなかったことにより、

今のNikonユーザーはその歴史を存分に味わい、活かすことができます。

ニコンが、利益重視で次々新しいマウントにせず、歴史を積み重ねてきた結果であるとおもいます。

D850は高画素機であるゆえ、そのFマウントの中でも

公式でお勧め推奨されているのNIKKORレンズは約40本です。

ただし、推奨以外のレンズと相性が悪い訳ではなく、古いレンズも使用できます。
オールドレンズも流行ってきているため、昔の銘玉と言われるレンズも使ってみたいと思っています。
公式のおすすめレンズ一覧
<単焦点レンズ>
  • AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
  • AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
  • AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED
  • AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED
  • AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G
  • AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
  • AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
  • AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
  • AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G
  • AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
  • AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
  • AI AF DC-Nikkor 105mm f/2D
  • AI AF DC-Nikkor 135mm f/2D
  • AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II
  • AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II
  • AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
  • AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR
  • AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR ★
  • AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
  • AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
  • AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR
<ズームレンズ>
  • AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED
  • AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
  • AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR ★
  • AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
  • AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
  • AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR ★
  • AF-S VR Zoom-Nikkor 70-200mm f/2.8G IF-ED ★
  • AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
  • AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
  • AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
  • AF-S NIKKOR 80-400 f/4.5-5.6G ED VR
  • AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR II
  • AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
<マイクロレンズ、PCレンズ>
  • AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
  • AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
  • PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED
  • PC-E Micro NIKKOR 45mm f/2.8D ED
  • PC-E Micro NIKKOR 85mm f/2.8D
  • PC NIKKOR 19mm f/4E ED

 

これだけあれば、なんでも撮れる気がしますよね。

あとは貴方の腕次第って言われそうで怖いです。

Nikonは新しくZマウントという大口径の企画をスタートさせましたが、

これは、ニコンの長年のレンズ設計の結果、Zマウントの55mm口径まで拡大することで、

より良いレンズ、光学性能のレンズを設計できるとの結論みたいです。

新しいZシリーズでも、このFマウントレンズを使用できるので、

いま、Fマウントのレンズを買っても、Zでアダプターで接続すれば使用できます。

さすがはニコンだなと感じます。


改善して欲しいところ!

瞳フォーカス欲しい・・・
一番の欠点といいますか、悩みどころです。
D850には、顔トラッキングという機能があり、人物の顔を認識してオートフォーカスを合わせてくれます。
ただし、瞳フォーカスはできません。
ポートレートはそこまで撮りませんが、流行り瞳フォーカスは欲しいですよね。
Nikon Z6とZ7はアップデートで対応しました。
使わせて貰いましたは、めっちゃよかったです。追従する速度も早いし正確です。
特にF1.4などピント面の調整がシビヤなレンズで人物撮影する際には、確実に便利ですよね。
技術的に瞳フォーカスをD850に載せるのは難しいようです。センサーの制御方法がミラーレスと違うためらしいです。
ライブビュー時のもっさり感
D850にがライブビュー機能があり、液晶モニターにリアルタイムでレンズからみ光景を映し出し撮影できます。
カメラの位置を低くするときや、高くするときなど、ファインダーを覗けない時に使用します。
ダッチパネルで、ピントの位置も指定できて便利です。
ただ、少し反応が遅いというかもっさりしている気がします。
オートフォーカスもなんだか体感的に遅くなっている気がしてしまいます。
Z6で使用してみると、サクサクでした。完全に改善されています。
おそらく、ミラーレスでそもそもファインダー内も液晶なので、それをモニターに映し出しただけなので当たり前に早いだけかもしれません。
Z6ではかなり快適で、羨ましかったです。
D850もアップデートでどうにかして欲しいです。
スマホとの連携アプリが、連携しづらい分かりにくい。。
Nikonには、SnapBridgeというスマホアプリがあり、
D850の遠隔操作や、ピント、絞り、シャッタースピードなども調整し撮影できます。
撮った写真も転送でき、すぐにSNSにアップできます。
ただ、そのソフトと、D850の接続設定がかなり分かりづらく、電池もくうので、滅多に使いません。
もう少し、直感的に接続できれば良いと思います。
確実に改善して欲しいです。できるはずです。
他のカメラでは満足できなくなってしまった!
D850を使用して、確実にカメラとその写真に対する要求水準が上がってしまいました。
普通のデジカメを使っても、写真を撮っている楽しさが少なく、
画質的にも満足できなくなってしましました。
良い写真とは良い画質である必要はないですが、
やはり綺麗な画質の方が良いですよね。

 


Zシリーズ好評!ミラーレスに移行する?

私がD850を購入してから約1年くらいでZシリーズの発売となりました。

Nikon初めてのフルサイズミラーレス機。

ソニーがミラーレスでシェアを伸ばし、トップを走っている感を出しておりましたが、

Nikonもいよいよ投入しました。マウントも変更され、Nikon新時代です。

知人がZ6を使用しており、たまに使わせて貰いますがとても良いです。

ネットでも高評価な意見が多いですね。

いま、私がD850とZ7とどちらか買うとすれば、D850を選びます。

悩んでいる人も多いかと思いますので、

Zマウントとの差異など、私が感じている内容をざっと書きます。

 

一眼レフとミラーレスは別物!
友人のZ6をたまに使わせて貰いますが、すごく良いです。
Z6の液晶ファインダーも他社で味わった気持ち悪い感覚がなく、すごい綺麗でした。
露出も被写界深度も撮る前に確認できて便利だし、瞳フォーカスもすごい便利だし。
ただ、一眼レフで写真を撮る方が自分は楽しいです。
ファインダーを通してみる光景も綺麗だしリアルですし。
なので、一眼レフとミラーレスはまた別の物なんだって感じています。
あと、ミラーレスはまだまだ発展途上のカメラなので、今、あえて急いで買う必要もないと感じています。
Z9?を待ちます!
いずれ時代は、ミラーレスになるのかと思います。
D850の名前の由来はご存知でしょうか。
ニコンの人のD850の記事に書いているのですが、
D850の1つ前の機種D810の次がD820でない理由として、
D810からの大幅進化と、D800系の完成系近いものができたから、
D820ではなく、あえてD850と命名したそうです。
ミラーレスのZ6とZ7は、ニコン1発目のフルサイズミラーレスです。
レビューを見ても評価が高く、さすがカメラメーカーのカメラだなというところです。
しかし、私は、いずれ出るであろう後継機を待ちます。
D850のようにZシリーズにも飛躍的な進化がくるはずです。
サブ機としてZ6は欲しい!

上記で、Z9を待ちます!と書きましたが、

サブ機として普通にZ6が欲しいです。

友人のZ6を触っているので、本当に良いものだと感じています。

私はタイプラプスを撮影しするのですが、

タイムラプス撮影している間は、写真が取れません。

1時間くらい待ちぼうけです。

そのため、もう1台購入でして、タイムラプス用、写真用と同時利用できれば良いなと思って居ります。

また、Zシリーズの利点 の軽さも良いですね。

D850は、本体だけで約1005gあります。

Z6は、約675gです。それに小さい。

手軽にふらっとどこかに行く際に、レンズ1本とZ6で気軽に持ち出せるのは羨ましいです。

 


作例

 

 


最後に

Nikon D850を約1年半使用したレビューを行いました。

D850はハイアマチュア向けと言うこともあり、私にとってはオーバースペックすぎるカメラです。勿論、満足しています。

価格は高いですが、買って後悔はなくほんと買ってよかったと思いますし、ますます写真が好きになれました。

それと同時に、ニコンの丁寧なカメラ作りに対する心意気も感じ、

ニコンという企業も好きになりました。

 

時代はミラーレス機に移行しつつありますが、

私は当分の間、このD850と共にカメラ写真を楽しんでいます。

本当に良いカメラに出会えました。

D850の購入で悩んでいる方がいましたら、是非おすすめします。

悩んでいる時間がもったいないです!

 

少し長文となりましたが、D850の購入で悩んでいる人、Zシリーズと悩んでいる人の

判断のお役に立てれば幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

D850
Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。