ハイドロフライト!

先日、ハイドロフライト という水上スポーツの観戦に行ってきました!

スポーツ写真ということで、お気に入りのレンズ ニコン AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

1本で勝負してきました。

ハイドロフライト

ハイドロフライトという競技は、水上バイクから噴射される排水をチューブに送り込んで、

その水圧で人を空中に浮かせ、回転したり自由に飛び回ってアクションをする競技です。

加点式の競技ですが、見ていて楽しいのでルールを知らなくても楽しめる

エンターテイメント性の高いスポーツです。

大阪は、「水都大阪」という都市イメージを定着させようとしているようで、

ここ3年連続で、ハイドロフライトの大会が行われています。

場所は、京阪電車の天満橋駅からすぐの川沿い

ちょっと曇りでした。

作例:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

スポーツ写真ということで、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR で撮ってきました。

ニコンのフルサイズカメラのD850で撮影しています。

焦点距離200mmだと少し遠いと感じる場面も多かったので、

D850のクロップ機能を使って、1.5倍の300mmで撮影し、選手の表情も狙えるように撮影していました。

 

これは、一昨年の写真です。 今年はこのスノーボードタイプの試合が少なく残念でした。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR の感想

今回は、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR だけで撮影してきましたが、

やはり、このレンズは頼りになりました。

オートフォーカスがほんとに爆速なので、今回のようなスピードの早く、次々に展開が変わる被写体でも対応できます。

また、この競技は結構、水飛沫が飛んで来ることがあるのですが、防塵防滴のレンズなので安心して撮影できました。

ニコン D850のクロップ機能で実質焦点距離300mmまで対応できるので、柔軟性もあると思っています。

最後に

ということで、今回は、

ハイドロフライトというイベントの写真と

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR のレビューでした。

ニコン Zマウントの70-200 も年内に発売されるようですが、

このAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRをどこくらい越えてくるのか、

越えられるのかが楽しみです。

ハイドロフライト
Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。