ニコン最強の便利ズームレンズ紹介! AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR レビュー

今回は、ニコンの標準ズームレンズ

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRについて、作例を中心に、使用感をレビューしていきます!

使用感について

このレンズが、フルサイズカメラを本格的に始めたときに、はじめの一本として購入したレンズです。

一番長く保有していることもあり、このレンズで撮影した写真が一番多いです。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

と合わせて大三元レンズとい言われておりますが、

24mm〜70mmの範囲をカバーしており、便利レンズ、癖の少ないレンズ、無難なレンズだと言えると思います。

特徴!

それなりにでかい!重い!
見ての通り、少々長いです。それに少々重いです。
長さ:約88.0mm(最大径)×154.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
重さ:約1070g
初めて持った時は、こんなガチ勢になっちゃったという気分で少し複雑な気持ちでした。
周囲でこんな大きさのレンズ持っている人いなかったですし、持ち運びも結構大変でした。
またその重量とフルサイズカメラ自体の重さも加わり、朝から夜まで歩きながらの撮影をしていると、腕、肩が疲れます。
とにかく便利!悩んだらとりあえずこれを持っていく!
上記のような少しデメリットと言える部分はありますが、
24mm〜70mmの範囲をカバーできる便利さは圧倒的です。
オートフォーカスも早く、とにかく便利にストレスが少なく撮影できます。
(カメラを全てマニュアルで撮影する人からすれば、「カメラしていない」と言われるかもしれませんが・・・。)
絞りF2.8で通されているので、24mmの広角側でも、70mmの望遠側でも明るく使い勝手が良いです。

また、かなり手ぶれ補正も効いており、よほど暗い場所や動きの速いものを設定を変えずに撮影する以外は手ブレが気になったことはありません。

特に目的もなく、出かけるときはこのレンズを持って行きます。

悩んだらこれを持っていけばどうにかなることが多かったです。

 

次からは、その作例紹介とします。

(ほとんど補正無しです。JPEGでRAW現像していません。)

作例紹介!

スナップ!お散歩写真が楽しくなる!
少しサイズも重さもありますが、手ぶらでカメラとこのレンズだけで散歩するのも楽しいです。
24〜70mmと言う画角が使いやすく、住んでいる身近な場所を見つめ直す良いきっかけになるかもしれませんね。

 

街並みの風景も!
広角の24mmはそれなりに広く、スマホカメラより広く撮れます。
東京スカイツリーも少し離れたところから全景が入ります。

手ブレ補正がすごい!
手ブレ補正がかなり効いており、この写真のような飛んでいる鳥もバシッと止めて撮ることができます。
少し暗いところで、ちょこちょこ動くヒヨコもバシッと止まります。
ブツ撮り!
旅行などで外食した際には、スマホで撮ることが多かったですが、
このレンズになってからは、ブツ撮りも楽しくなりました。なんか美味しそうに感じます。
擬似マクロ?
約40センチくらいまでなら被写体に寄ることができますので、トンボなどギリギリまで近づいてトリミングすれば、
擬似的にマクロ?みたいになります。もちろん全然違いますが、マクロを持ち歩いていない時でも対応できます。
広角レンズへの入り口
24mmという広角は、かなり便利です。展望台など見晴らしの良い所に行った際にはこのレンズで十分です。
もちろん14mmまで使いたいって時もありますが、このレンズの24mmでもカバーできることも多かったです。
広角にはまって、23mmより広いレンズが欲しくなってしまうレンズ沼の入り口に立たせてくれます。
アーバンスポーツが撮りたくなる!
大阪市内では、アーバンスポーツと言われるような自転車やスケボーしている光景をよく見かけます。
そんな動きの速い被写体も手ぶれ補正とオートフォーカスの速さからバシッと撮れます。
被写体から遠くないので、望遠側の70mmで十分です。
とにかくボケる!
絞り値2.8で撮影すれば、かなりボケます。
もちろんF値1.4などの単焦点レンズには敵いませんが、ボケボケし過ぎず良いと思います。
解像感がすごい!
これは手持ち撮影ですが、塩の一粒一粒がちゃんと解像しています。三脚使えばもっと解像するかもしれませんね。
花の撮影も楽しい!
自分は全然、花には興味ありませんが、写真を始めて好きになりました。
花の柔らかな表現ができているので、マクロレンズがなくでも花撮影が楽しいです。

 

最後に

以上、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRについて、作例も挙げながら説明しました。

このレンズを端的に言うなら、「便利で頼りになる!」

その便利さから使用頻度は高く、描写にも満足しているので、これからもバシバシ使って行こうと思っています。

 

ニコンのZマウントからは、NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S という新時代のレンズが発売されております。

どのくらい描写の差やオートフォーカスの速さ、正確さなどに差異があるかまだ分かっていないですが、

当分は、一眼レフ!Fマウントで撮る!と言う方には、おすすめできるレンズです。

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

そば
Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。