ニコンZ7IIとZ6IIのおすすめ設定【快適な撮影環境】

ニコン ミラーレス一眼レフ Z7ⅡとZ6Ⅱのおすすめの設定をまとめます。

Z5やZ6でも同様の設定が可能です。

を要点をまとめて説明しています。お急ぎの方は、

↓目次↓から気になる部分へ飛んでください。

説明する順番

説明する順番はカメラのメニューボタンを押した時に出てくる順番で行います。

全て説明するわけはなく、おすすめする便利な機能やわかりにくい部分を抜粋で説明します。

静止画撮影メニュー

①副スロットの機能

「RAW+JPEG分割記録」がおすすめ

副スロットはSDカードなのでJGEGでも書き込み速度が落ちにくい

バックアップにしても良いが、ニコンのカメラでデータが消えたって聞いたことがありません。

②画質モード

RAW現像しない人は「RAW+FINE★」がおすすめ

「RAW+FINE」にするとJPEGのファイル容量が一定値に近づく代わりに画質が落ちます。

③ISO設定

「感度自動制御」をON

制御上限感度を好きな値に設定 私は1600にしています。

④高感度ノイズ低減

標準 に設定。ニコンのノイズ低減は優秀。ISOが上がったときに重要

⑤ヴィネットコントロール

周辺減光の補正ができます。 私は「標準」にしています。

カスタムメニュー(下記)

a:オートフォーカス

・a6 半押しAFレンズ駆動

OFF にしています。シャッターボタンはシャッターを切るだけの機能に限定できます。

親指で「AF-ON」ボタンをおしてオートフォーカスします。

c:AEロック・タイマー

・c3 パワーオフ時間

画像の再生時間や、メニュー画面の表示時間を設定できます。ミラーレスカメラは電池の消費が多いので、短めがおすすめです。

d:撮影・記録・表示

・d9 Lvに撮影設定を反映

撮影中、ファインダーやモニターに色味や明るさを忠実に再現できます。最終の写真と同じ状況を表示します。

露出補正やホワイトバランスなどリアルタイムで確認できます。

・d10 格子線の表示

ON にしています。水準器もありますが、自分の目で構図に合わせてほうがよいです。

f:操作

・f1 iメニューのカスタマイズ

カメラ本体の「iボタン」から、手早くアクセスできる「iメニュー」は、

自分がよく使う項目を並び替えることができます。

私は、下の写真のように設定しています。

・f2 カスタマイズボタンの設定

カメラ本体の物理ボタンに好きな機能を設定することができます。

私の設定は、下の写真のようにしています。

おすすめは、右手でほとんどの操作系にアクセスできるように設定しています。

・「Fn1」は再生ボタン、本来の再生ボタンはカメラの左上にあるので、少し遠いです。

・「Fn2」を格子表示にしています。ファインダーの右の「DISP」ボタンで水準器に変更できます。

・「AF-ON」ボタンはAFにしています。いわゆる親指AFです。AFとシャッターボタンの操作を別にしています。

・レンズの根本にある「コントロールリング」には、露出補正を割り当てています。

私は露出補正をかなり使うので、Zレンズは本当に撮影が楽になりました。

・「動画撮影ボタン」にはピクチャーコントロールを割り当てています。

ファインダーを覗きながらその場の雰囲気に合うように設定しています。

マイメニュー

マイメニューには、自分の好きなメニュー項目を設定することができます。

私は、

「iメニューのカスタマイズ」

「インターバル撮影」

「タイムラプス動画」

「スマーフォンとの接続」

にしています。

多すぎるのも逆に使いづらいので、少なめを心がけています。

最後に

以上になります。

これから使いながら良い設定があれば随時更新してきます。

Nikon Z5 レンズキット NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3
created by Rinker

 

関連記事でニコンカメラの考察記事も書いていますので、

参考記事:Z7ⅡZ6Ⅱのレビュー

    :Z6のレビュー

    :Z5のレビュー

このブログの「Gallery」のページを随時更新していきますので、良かったら見ていってください。よろしくお願いします。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


 

スポンサーリンク



Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。