ニコン Z9 正式発表!【Zフラッグシップモデル】基本スペック・D6・Z7Ⅱとの比較

2021年3月10日
ニコン初のフラッグシップモデルのミラーレス「ニコンZ9」の開発発表されました
公式情報はまだまだ少ないですが随時更新していきます!
①Z9の開発発表の情報
②公式情報
③ニコンFマウントD6との比較

(参考出典:ニコン公式HP

↓目次↓から気になる部分へ飛んでください。

Z9の公式情報の要点

ニコン初のフラッグシップモデル

以下、ニコン公式サイトの引用です。

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)は、「ニコン Z マウント」を採用した初のフラッグシップモデルとなる、フルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ「ニコン Z 9」の開発を進めています。発売は、2021年内を目指しています。ニコンの最先端技術を「Z 9」に結集させ、静止画・動画ともに過去最高の性能を発揮することを目指しています。幅広いジャンルで活躍するプロフェッショナルの極めて高いニーズに応えるべく、鋭意開発を行っています。
新開発のニコンFXフォーマット積層型CMOSセンサーと画像処理エンジンを搭載。また、次世代の映像表現を見据え、8K動画撮影をはじめとした、さまざまなニーズやワークフローに応える多彩な動画機能を有します。「Z 9」は、道具としての使い心地を極め、これまでの一眼レフカメラ、ミラーレスカメラを超える新しい映像体験を提供します。

①初のミラーレス機フラグシップモデル

初のフラグシップモデルとなる「Z9」の開発発表となり2021年内に発売されるようです。

ニコンのZマウントミラーレスカメラは、2018年9月28日に「Z7」が発売されました。

②新開発の積層型CMOSセンサーと画像処理エンジン

(1)新開発の「積層型CMOSセンサー」

ニコンのZ7Ⅱ・Z7は、同じ「裏面照射型CMOSセンサー」が採用されています。

「Z9」には新開発のCMOSセンサーが搭載されるようです。

一般的にセンサーは下記の性能に影響します。

・階調の広さ(ダイナミックレンジ)
・ノイズの少なさ
・AF性能(ミラーレスのため)

ミラーレス機のため色情報とオートフォーカスのための情報を「センサー」のみで処理する必要があるため、

AF性能の良し悪しはセンサーの性能が直結します。

Z7Ⅱも十分なダイナミックレンジと表現力の高さが評価されていますが、

ここからさらに進化するとのことですのでより期待が高まります!

(2)新開発の「画像処理エンジン」

Z9は画像処理エンジンも新型になります。

現在の最新エンジンは「EXPEED 6」です。(Z7Ⅱには2枚搭載されています。)

一般的にこの画像処理エンジンは下記の性能に影響します。

・連写性能(容量の大きいRAWファイルの処理
・動画性能(8Kの書き出し)

いくら物理的な連写速度が高くてもデータ処理速度が遅くては意味がないため、

初のフラグシップモデルとなる「Z9」ではプロでも納得いく処理能力が求められます。

「ソニーα1」はブラッックアウトフリーで、常に動画を撮っているような感覚で静止画撮影が行えるくらいの処理能力があります。

「ニコンZ9」はどこまでできるかは、まだ公式発表はありませんが「ソニーα1」同等以上の性能が求められます。

③8K動画

ソニーもキャノンも最新のミラーレスカメラには「8K動画」を撮影する機能が搭載されています。

プロが使用するフラグシップモデルに「8K動画」がそもそも必要なのかという意見もありますが、

ここはカメラメーカ−の意地で、他社に負けていないということをアピールするために搭載されるように感じます。

ニコンZマウントレンズの解像力・表現力の高さは評判なので、そのレンズで8Kを撮影できるのであれば早く見てみたいです。

ただ、縦型グリップ一体型ボディのためジンバルに載せにくい気がしますね。


Z9の発売日と価格の予想

発売日と価格はまだ発表されていません。

ただ、ニコンD6などからある程度想定は出来ます。

①発売日の予想

フラッグシップモデル「D6」は、

2019年9月4日に開発発表 → 2020年3月発売予定 → コロナで延期され2020年6月5日発売でした。

コロナで延期されましたが、発表から発売までには約半年間という設定でした。

「Z9」は2021年3月10日開発発表でしたので、早ければ2021年9月に発売される可能性があります。

②価格の予想

「D6」はニコンダイレクトで798,600円(税込)で販売開始されました。

ソニーのフラッグシップモデル「α1」はソニーストアで880,000円(税込)です。

ミラーレスカメラのシェアトップの牙城を崩すには、少し安く販売しないと厳しい気がします。

個人的な予想としては80万円くらいかな思っています。

 


スポンサーリンク



Z9の外観デザイン・特徴

D6のミラーレス版?

①縦型グリップ一体型の本体

ニコンZシリーズはコンパクト設計を意識していたように感じます。

「Z9」は完全にプロを意識した縦型グリップ一体型になりました。

Fマウントカメラのフラッグシップモデルである「D6」と比べてみるとこんな感じです。

(サイズの詳細情報はまだ出ていないので、おおよその比較です。)

ニコンはグリップ感や操作系を犠牲にすることは絶対に無いので、大きさは「D6」とほぼ同じ大きさになると思われます。

(マウント径はZマウントの方が大きいのでボディは小さく見える気がします。)

一方、

Z7Ⅱ(縦型グリップMB-N11を装着した場合)と比較するとこんな感じです。

 

 

「Z9」の方が一体感があってめっちゃカッコイイですね!

グリップも若干丸みを帯びていて握りやすそうです。

②D6に似ている?

「Z9」は「D6」のミラーレス版のように見えます。まだ公式情報は少ないですが、外観写真でも類似点がいくつかあります。

(1)10ピンターミナル

円形の「10ピンターミナル」がカメラ全面に設置されるようで「D6」と同じ位置です。

(2)コマンドダイアル

上面の写真がまだありませんが、コマンドダイアルのボタン数が「D6」と違っています。最低でも4つ以上あるようです。

(3)ボタンイルミネーター

Zシリーズになってから操作ボタンのバックライトがなくなりました。

配線などが大変らしく、小型設計なZでは省略されていましたが、「Z9」では復活します。

 

(4)「D6」からの継承

ボタンの配置などを一気に変えてくるとは思えません。

「Z9」もその多くを受け継ぐと予想されます。

参考に「D6」の写真を載せておきます。


Z9のサイズ(Z7Ⅱ)

サイズはまだ発表されていません。

ニコン公式の「Z9」の写真と「Z7Ⅱ」を比べてみました。

Z9の写真では「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」が装着されています。

iPadで同じ大きさに表示させて比べたところ、Z9はZ7Ⅱに比べて高さが4センチ大きかったです。(笑)

幅はほぼ同じでした。

  Z7Ⅱ Z9(推測)
×× 約134×

100.5×

69.5mm

約134×

140.5mm??×

69.5mm

質量

バッテリーメモリーカード含

約705g ???g
純正バッテリーEN-EL15c
created by Rinker

D6との比較

詳しい情報が出来次第更新します。

Z7Ⅱとの比較

Z7Ⅱとの差異①「縦型グリップ」

Z7Ⅱは別売で縦型グリップが発売されています。

(2020年11月6日発売予定 希望小売価格48,950円(税別 44,500円))

Z9では一体型になりましたが、時の場合によって取り外しができるZ7Ⅱの方が便利な時がありそうです。

ニコンZ7Ⅱの縦型グリップの装着イメージ写真

 


Z9の不確定情報・噂

ソニーキャノンに追いつけるのか

「Nikon Rumors」さんなど「Z9」に関する情報がネット上に増えてきました。

ニコン公式からの情報ではありませんが、3/10に「Z9」を発表することを当てているので信憑性が高そうです。

少しだけまとめます。

・連写は20コマ/秒
・16bit RAW

・8K30p、4K120p

・Z7Ⅱよりも高解像度のEVF ブラックアウトフリー化

・価格は6000-7000ドル(日本円65万円〜75万円?)

 

「ソニーα1」がハイスペック全部盛りのようなカメラで発売されますので、

ニコン本気のミラーレスがどれだけの性能で出てくるのか本当に気になります。


スポンサーリンク



 

「D6」との差はZレンズの存在が大きい

Zレンズの本領発揮

動きものに関してはまだFマウントの方が軍配が上がると感じています。

Z7Ⅱは徐々にバージョンアップを繰り返していますが、まだまだZレンズの本領は発揮できていないと思っています。

 Z9が発売されると、いよいよZレンズが本領発揮することになりそうです!

Z9がD6以上のAF性能になればカメラもレンズも世代交代ですね。

Z大三元のレビュー 

別記事でZ大三元レンズのレビュー をしていますので、興味のある方は読んでみてください。

①NIKKOR Z14-24mm f/2.8 S

広角側の14-24mm Fマウント版は13年前に発売され今回のZマウント版では大幅なアップデートとなりました。

Zマウント版では出目金レンズではなくなり、フィルターが付けらるようになり重さも320gも軽くなりました。

さらに光学性能、逆光耐性も上っており、完全にFマウントの上位互換のレンズとなっています。

レビュー作例:NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sレビュー【作例・旧型Fマウントとの比較】

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S
created by Rinker

NIKKOR Z24-70mm f/2.8 S

標準側の24-70mm Fマウント版は5年前の2015年に発売されたレンズです。

このレンズはZマウントになり描写力は上がっているようですが、MTF曲線だけみるとFマウントと大きな差はなさそうです。

でも805gと軽くなり標準ズーム領域をこれ一本でカバーできるのでかなり良いレンズだと感じています。

レビュー作例:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sレビュー【作例・旧型Fマウントとの比較】

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
created by Rinker

③NIKKOR Z70-200mm f/2.8 VR S

望遠側の70-200mm Fマウント版は4年前の2016年に発売された比較的新しいレンズです。その描写力もAFの精度、スピードもまだまだ第一線です。

Zカメラ自体がまだ少し、動体に弱い部分があるため、スポーツ系の写真を撮られる方は、Fマウントのままで良いと思います。

Fマウントレンズは、FカメラでもZカメラでも使うことができるので、便利ですね。

レビュー作例:NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sレビュー【作例・旧型Fマウントとの比較

 

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S
created by Rinker

・テレコン Z TELECONVERTER TC-1.4x Z TELECONVERTER TC-2.0x

レビュー作例:ニコンZマウント テレコンバーターレビュー作例【2.0倍・1.4倍】

Z TELECONVERTER TC-2.0x
created by Rinker
Z TELECONVERTER TC-1.4x
created by Rinker

Zカメラのレンズ構成について

ニコンからZレンズが14本発売済で残り7本の発売が予定されています。

レンズの種類も増えてきましたので別記事でレンズ構成について考察しました。

良かったら参考に読んでみてください。

ニコンZ 6II・Z 7IIのレンズ構成を考える。【Z・Fマウントおすすめレンズ】


最後に

まだまだ情報不足な状態ですが、ニコンの本気のプロ機がいよいよ登場ということでとてもワクワクします。

公式の情報が出次第、随時更新していきます!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

関連記事でニコンのカメラやレンズのレビューをしています。良かったら見ていってください。

 

スポンサーリンク

Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。