NIKKOR Z 24-120mm f/4 S【考察レビュー・ Z 24-70mm f/4 Sとの比較】

こんにちは。よーきーです。
ニコンNIKKOR Z 24-120mm f/4 Sが発表されました。
ニコンZレンズの中でも汎用性の高いレンズです。
他のZレンズとの比較も行いましたので、皆さんと共有します。

 

①NIKKOR Z 24-120mm f/4 Sの良いところ
②他のZレンズとの差
③このレンズを選ぶ理由

(参考出典:ニコン公式HP

基本情報

Zの中では画質と焦点距離がちょうど良い、総合点が高いレンズです。
2021年2月発売予定
予約販売受付は、11月2日10時より開始です。
価格は、希望小売価格:154,000円なので、実売価格は14万円を切ると思われます。
焦点距離 24-120mm
最短撮影距離 撮像面から0.35m
最大撮影倍率 0.39
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最大絞り f/4
最小絞り f/22
フィルターサイズ 77mm
寸法 84mm×118mm
質量 約630g
630gで少し重たいですが、24-120mmの範囲をこれ一本で撮影できるので、汎用性はかなり高いです。

実機を触った感想

ニコンプラザで先行展示を見てきました。

外観デザインは少し長めでかっこいいなと感じます。

120mm時はビヨーンと伸びて約1.8倍暗いまで長くなります。
写真サンプルを持って帰ることはできませんでしたが、
NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sとよく似たZレンズらしいクリアな描写でした。

大きささは、NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sよと少し短く、モニターがないだけで、

持った感触やバランスは良く似ていました。

このレンズの良いところ

汎用性の高い便利ズーム

①24-120mmという焦点距離

このレンズの最大の特徴は、焦点距離の可変率です。

24mmから120mmまでのズームすることができるのでこれ1本あればほとんどの撮影に対応できます。

現在のニコンZレンズだと

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

の2本と焦点距離は被りますが、焦点距離、重さ。F値が異なり、選択肢が増えました。

②F4固定

このレンズはズームしてもF値が変わらない F4固定の点も使い勝手が良いです。

ニコンZの中で、一番可変率が高いレンズに

NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR がありますが、

F値が固定でない部分が弱点でした。

200mmまでズームするとF6.3まで暗くなってしまい、24mmまで戻してもF6.3のまま暗い状態で維持されます。

F値固定というのは、ズームレンズにおいては、使用時のストレスになるポイントなので

F4固定でこの変動率の高さは、使っていてストレスの少ないレンズだと言えます。

①軽め

Zマウントレンズからは、F4あたりの「便利ズーム」が3本出ています。

Zマウント ズームレンズ  焦点距離 重量 価格
NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 24~50mm 195g 4.5万円
NIKKOR Z 24-70mm f/4 S 24~70mm 500g 12万円
NIKKOR Z 24-120mm f/4 S 24~120mm 630g 14万円

このNIKKOR Z 24-120mm f/4 Sは、

ズームレンズ群の中では少し重たいです

その分、焦点距離が格段に広いので、他の2本よりも色んな場面に対応できる汎用性の高いレンズになっています。

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3
created by Rinker
NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
created by Rinker

他のレンズとの関係

このNIKKOR Z 24-120mm f/4 Sの悩みどころは、他のレンズと役割が被るところです。
・軽さ
・F値
・高倍率ズーム
の3点がポイントになります。

Zはじめの1本目としてはおすすめ

これから初めてニコンZカメラを購入する方ははじめの一本としておすすめできます。
これ1本あればいろんな場面に対応できます。
弱点としては、少し重たいことと、価格です。
NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sというレンズは、70mmまでしかありませんが、
軽く、安いという差があります。
別記事でレビューしていますので興味のある方は見てください。

NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sのレビュー

レビュー:NIKKOR Z 24-70mm f/4 S考察レビュー作例【ニコンZの最強のキットレンズ】

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
created by Rinker

14-30と2本組み合わせてシステムを完成

NIKKOR Z 14-30mm f/4 S

との2本と組み合わせれば

14-120の範囲をF4固定でカバーすることができます。

24mmでは広角不足になる場面がありますので、旅先で広い風景を撮りたい場合などにおすすめです。

NIKKOR Z 14-30mm f/4 Sのレビュー

レビュー:NIKKOR Z 14-30mm f/4 Sレビュー作例とNIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sの考察 

NIKKOR Z 14-30mm f/4 S
created by Rinker

明るさを犠牲にした24-200も捨てがたい

NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VRというレンズは、

F値が固定ではなく暗いことが弱点ですが、

24-200mmという焦点距離をカバーできます。

重さと価格がほど一緒なので、このレンズと悩まれる方は多いと思います。

個人的には明るさの方が使っていて楽しいかなとおもうので

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S

の方が良いと思っています。

NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR

レビュー:NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR 考察レビュー【ニコンZ便利ズームレンズ】

NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR
created by Rinker

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ニコンZマウントレンズも充実してきて楽しくなってきました。

このレンズを買うかまだ悩んでいますが、おそらく買う予定です。

買ったら詳細なレビューを行う予定です。

別の記事では、ニコンのカメラやレンズのレビューをしています。
良かったら見ていってください。
Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。