NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR 考察レビュー【ニコンZ便利ズームレンズ】

 NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VRの写真

今回はニコンZマウント用レンズ  NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VRの考察レビューを行います。この記事では、

①NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VRの特徴・要点まとめ

②このレンズのメリット・デメリット

③このレンズを中心にしたレンズシステムの構成

を要点をまとめて説明しています。

↓目次↓から気になる部分へ飛んでください。

特徴・要点

小さい軽い便利

①軽い・小さい

200mmという焦点距離で撮影できるレンズは重くて大きいという欠点がありますが、このレンズは570gしかなくZマウントレンズの中では軽い部類になります。ズームしたときにはビヨーンと伸びますが、持ち運ぶ際には約12センチ位にまで小さくコンパクトになります。

Zマウント ズームレンズ 焦点距離 重さ
NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 24~50mm 195g
NIKKOR Z 14-30mm f/4 S 14~30mm 485g
NIKKOR Z 24-70mm f/4 S 24~70mm 500g
NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR 24~200mm 570g
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 14~24mm 650g
NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 24~70mm 805g
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S 70~200mm 1360g

 NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VRの写真

参考:ニコン公式HP

②8.3倍の便利ズーム

24mmから200mmまでの焦点距離を1本でカバーできる8.3倍ズームなので旅レンズとして活躍します。Zシリーズのカメラ本体は700gが最大なのでこのレンズと合わせて約1.3kgしかありません。

③手ぶれ補正内蔵

このレンズには手ぶれ補正機構が内蔵されています。

Z5・Z6・Z7のフルサイズカメラにはボディ内手ブレ補正が入っているのであまり関係ありませんが、APS-C用のZ50にはボディ内手ぶれ補正がないのでZ50を使っている方にもオススメできるレンズだと思います。

 


メリット

旅に最適

①ニコンZの中では200mmという焦点距離は貴重

Zマウントのフルサイズ用レンズの中では、200mmという焦点距離は、現時点で2本しか発売されておらず、もう1本は大三元レンズの30万円くらいする「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」しかありません。しかしこのレンズは重たく高いので、機動性を重視する方は「NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR」の方が使っていて楽しいレンズとなると思います。

ニコンZマウントのロードマップ

②キャノン・ソニーとの比較

 NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VRの写真

キャノンとソニーからもフルサイズミラーレス用レンズとして、同クラスのズームレンズが発売されています。キャノンもソニーも焦点距離が少し長く240mmまで撮影できますがその分大きく重くなっています。

約200gくらいの差があるので、旅レンズとして割り切るならニコンのNIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR」の方が軽くて小さいので良さそうですね。

  焦点距離 F値 重さ
Nikon

NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR

24-200mm F4-6.3 570g
Canon

RF24-240mm F4-6.3 IS USM 

24-240mm F4-6.3 750g
SONY

FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240 

24-240 F3.5-6.3 780g
NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR
created by Rinker

デメリット

大きな欠点はない

このレンズの大きなデメリットはあまりありません。

ですがズームレンズの共通のデメリットとして以下のようなことがあります。この点を許容できるなら購入しても満足度は高いとおもいます。


①F値が暗い

ズームするとF値がどんどん暗くなります。

F4.0で使用できるのは広角側の24mmだけであり、少しでもズームするとどんどんF値が上がっていき60mm以降ではF6.3になります。手ぶれ補正が入っているので、過度にISOをあげる必要はないですが、F6.3は少し暗いといえます。キャノンソニーもF6.3まで上がっているので、これは便利ズームの宿命だと思って割り切るしかないです。

焦点距離 F値 最短撮影距離
24mm F4.0 0.5m
35 F5 0.54m
50 F6 0.55m
60 F6.0 0.6m
105 F6.3 0.65m
135 F6.3 0.68m
200mm F6.3 0.7m

②寄れない

このレンズは広角側の24mmで使用する時には、0.5mまで寄れます。F値と同様に、望遠側にズームするにつれて最短撮影距離もどんどん伸びていきます。

単焦点レンズのNIKKOR Z 24mm f/1.8 Sであれば最短焦点距離が0.25mなので被写体にかなり近づいて撮影できます。テーブルフォトを撮りたい方は単焦点レンズの方がおすすめです。

③価格が少し高い

実売価格は11万円くらいです。

ズームレンズなので、その描写と軽さは単焦点には敵いません。

ニコンのZマウント単焦点レンズF1.8シリーズは7〜13万円あたりで売られていますので、自分の好きな焦点距離が分かっているなら単焦点を買ったが描写力も機動性も上回ります。

とはいえ、24-200mmまでカバーできるので1本持っておいてもよいと思います。

Zマウント単焦点レンズ 焦点距離 重さ 実売価格
NIKKOR Z20mmf/1.8S 20mm 505g 12万円
NIKKOR Z24mm f/1.8S 24mm 450g 12万円
NIKKOR Z35mm f/1.8S 35mm 370g 10万円
NIKKOR Z50mm f/1.8S 50mm 415g 7万円
NIKKOR Z85mm f/1.8S 85mm 470g 10万円

この中でも35mmは一番軽くて小さいので、「NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR」とは別に1本もっておくとより楽しめると思います。

NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
created by Rinker

レンズシステム

14-600mm 便利ズーム3本柱

このレンズを中心にしたレンズシステムを考えました。

・NIKKOR Z 14-30mm f/4 S

「NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR」のレンズでは24mmが最大の広角側になります。

この「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」を追加すれば14-24mmまでの撮れない範囲をカバーすることができます。

広く撮りたい場合はこのレンズがオススメです。このレンズは軽く旅レンズに1本追加することもお勧めできます。作成レビューもありますのでよければ見てください。

(レビュー記事:NIKKOR Z 14-30mm f/4 Sレビュー作例とNIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sの考察

NIKKOR Z 14-30mm f/4 S
created by Rinker

・(未発売)NIKKOR Z 200-600mm f/??? S

200-600mmという望遠に特化したレンズです。まだ詳細が発表されていないですがロードマップには乗っており2022年までには発売されるようです。

このレンズを追加すれば、上記の14-30と合わせて、14-600mmという広範囲を3本でカバーできるようになります。

特定の被写体だかではなく幅広くいろんな写真にチャレンジしたい人にとっては、この3本を持っていれば困ることは無さそうです。

最後に

今回は、ニコンZマウント用レンズ  NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VRの考察レビューを行いました。

便利ズームでありながら手ブレ補正もあり、描写力もFマウントよりも向上しているので1本持っておいても損のないレンズだと思います。

知り合いが買ったので今度貸して貰おうと思っています。実写レビューを追加する予定ですので、また見にきていただければと思います。

 

関連記事でニコンカメラの考察記事も書いていますので、

参考記事:Z7ⅡZ6Ⅱのレビュー

    :Z6のレビュー

    :Z5のレビュー

このブログの「Gallery」のページを随時更新していきますので、良かったら見ていってください。よろしくお願いします。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


 

スポンサーリンク



Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。