NIKKOR Z 24mm f/1.8 S考察レビュー【万能単焦点レンズ】

NIKKOR Z 24mm f/1.8 Sの外観写真

今回は、ニコンZマウント用レンズ「NIKKOR Z 24mm f/1.8 S」の考察レビューを行います。この記事では、

①NIKKOR Z 24mm f/1.8 Sの特徴・要点まとめ

②他のZマウントレンズとの差異・比較

をまとめています。

(参考出典:ニコン公式HP

↓目次↓から気になる部分へ飛んでください。

特徴・要点

24mmという万能レンズ
Zマウントレンズに共通した特徴として開放F1.8から描写力が高いことが挙げられます。
一般的にレンズは、最小絞りから1段階絞ると解像度が上がります。F1.8のレンズならF2.0にすることでその描写力が最大になります。
ですが、Zマウントレンズの設計思想としては開放から最大の描写力を発揮できるように設計されています。
ニコンのZレンズはF1.8にしては値段が高いと言われますが、開放から使えるということであれば納得できる性能と価格だといえます。
(参考出典:ニコン公式HP

①24mmという画角はなんでも撮影できる。

24mmという画角は、とても使うやすい画角です。

屋外では、全身のポートレート撮影も可能であり、屋内でも室内写真も十分部屋の雰囲気を含めて撮影することが出来ます。

電車の横でポーズを撮る人

室内で絵を描く人

②25センチまで寄れる

このレンズは25センチまで寄ることができるので、24mmという広角レンズの良さを活かして背景の雰囲気を残しつつ、被写体を浮かび上がらせることが出来ます。

蓮の花

②風景写真でも使いやすい

広角で大きく写すことができるので、空や海など広い見開いた状況を撮るには使いやすいです。

夕日と観覧車

 

レンズ名 寸法 重さ 実売価格
NIKKOR Z 20mm f/1.8 S 84.5×108.5mm 505g 12.5万円
NIKKOR Z 24mm f/1.8 S 78×96.5mm 450g 12万円
NIKKOR Z 35mm f/1.8 S 73×86mm 370g 10万円
NIKKOR Z 50mm f/1.8 S 76×86.5mm 415g 7万円
NIKKOR Z 85mm f/1.8 S 75×99mm 470g 9.5万円

24mmは、24-70mmなどの標準ズームレンズの広角側でよく見かけると思います。

24-70mmのレンズは、46mmも可変されることができますが、実際に使用するのは24mmと70mm、あと50mm付近が多いと思います。

ズームレンズを使用していると自分は広角が好きだな、少し望遠気味の方が好きだなという好みが見えてくると思います。

広角好きと自分で分かっているのであれば、24mmの単焦点を1本持っていてもよいと思います。

ズームレンズにはない明るさで、新しい写真を撮ることができるようになるはずです。

都市部の夜景

キャッシュバックキャンペーン

キャッシュバックキャンペーンの対象にもなったことがないレンズなので、安く欲しい方はキャンペーンを待つのもありだと思います。

参考記事でニコン キャッシュバックキャンペーンの情報をまとめていますので、気になる方は読んでみてください。

参考記事:随時更新!ニコンキャッシュバックまとめ【Z6・Z7・Z50・レンズ】次回はいつ?

NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
created by Rinker
NIKKOR Z 20mm f/1.8 S
created by Rinker
NIKKOR Z 24mm f/1.8 S
created by Rinker
Nikon NIKKOR Z 50mm f/1.8 S
created by Rinker
NIKKOR Z 85mm f/1.8 S
created by Rinker

最後に

今回は、「NIKKOR Z 24mm f/1.8 S」を考察レビューを行いました。

関連記事でニコンのカメラやレンズのレビューをしています。

Z7ⅡZ6Ⅱのレビュー

Z6のレビュー

Z5のレビュー

Galleryのページでは、作例も載せていますので良かったら見ていってください。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


スポンサーリンク

Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。