軽量便利ズームNIKKOR Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR 【Z50・Zfcにおすすめ・APS-C・考察レビュー】

こんにちは。よーきーです。
ニコンZマウントのAPS-C用レンズが発表されました。
Z50やZfcのキットレンズ以外を購入される方の参考になればと思います。
①NIKKOR Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR の特徴
②他のZレンズとの差
③どんな人におすすめか

(参考出典:ニコン公式HP

基本情報

軽量・便利ズーム

Zの中では、撒き餌レンズと言える立ち位置です。
2021年11月26日発売予定
予約販売受付は、10月15日10時より開始です。
価格は、希望小売価格:86,690円なので、実売価格は8万円を切ると思われます。
焦点距離 35mm換算:27-210mm
最短撮影距離 撮像面から0.20~0.40m
最大撮影倍率 0.17
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最大絞り f/3.5~6.3
最小絞り f/22~40
フィルターサイズ 62mm
寸法 70mm×90mm
質量 315g
7.8倍の高倍率ズームなのに、315gしかないのは使い勝手がかなり良いですね。
インナーズームなので、電源入れてすぐに撮影できて便利そうです。

このレンズの良いところ

高倍率・寄れる!

① 7.8倍ズーム

35mm換算で27-210mmの範囲を撮影することができます。

これ1本をもっておけば日常範囲での撮影はほとんど対応できます。

Z50に付けると片手で安定しそうなコンパクトです。

 

① 寄れる

広角側(27mm)で20センチまで被写体に寄って撮影することができます。

寄れることで、テーブルフォトにも容易に対応できるので、ストレスなく使用できます。

位置づけ・ZマウントAPS-C用レンズ

APS-C用は3本が出揃った!
ニコンZマウントの「DX(APS-C)」は3本しかありません。

① NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR(Zfc・Z50キットレンズ)

紫陽花

NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR
created by Rinker

② NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR(Z50キットレンズ)

NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR
created by Rinker

③ NIKKOR Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR

 

上記2本の中間的な役割です!
ただ、焦点距離は広角側も望遠側もどちらにも勝てません。

このレンズの弱点を補えるレンズ

明るさと広角が弱点!

このレンズは小さくで便利ですがその分弱点もあります。

このレンズ1本だけでも十分撮影を楽しむことができますが、

弱点を補えるレンズも追加購入するともっと楽しくなると思います。

弱点① 明るさ(F値)

このの弱点は「暗い」ことです。

明るいレンズのメリットは次の3点です。

・背景を大きくボカすことができる
・手ブレにしくくなる
・解像度が高い

おすすめするレンズは以下の2本です。

NIKKOR Z 50mm f/1.8 S

Zfcで使用すると焦点距離75mmになります。

ZのF1.8シリーズの単焦点レンズでは一番安いです。

Nikon NIKKOR Z 50mm f/1.8 S
created by Rinker

NIKKOR Z 35mm f/1.8 S

Zfcで使用すると焦点距離52.5mmになります。

50mm付近は「標準レンズ」といわれ汎用性が一番高いです。

ZのF1.8シリーズの単焦点レンズでは一番軽くて小さいです。

NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
created by Rinker
F1.8の単焦点レンズは、描写力が高く、
このレンズでは撮れない写真が確実に撮れます。

弱点②広角

このレンズの広角側は、35mm換算で27mmになります。

大きい建築物を撮る際には入り切らない場面が出てくると思います。

NIKKOR Z 14-30mm f/4 S

Z50で使用すると21mmの写真を撮ることができます。
少し高いですがフルサイズにも転用できるレンズです。
NIKKOR Z 14-30mm f/4 S
created by Rinker

Fマウント広角レンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR (2017年発売)

古いレンズですが、これがあれば、広角不足問題を一気に解決することができます。

Fマウントのこのレンズの後継機がでることを願っています。

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR
created by Rinker

どんな使い方?どんな人におすすめできるか

汎用性と軽さを求める人

Z50やZfcのAPS-C用レンズです。

広角が少し不足していますが、日常生活で使用する分には十分だと思います。

NIKKOR Z 14-30mm f/4 S

と組み合わせれば、21〜210mmという汎用性の高いシステムになるので

2本セットで使用することをお勧めします。

Z50・Zfcをこれから買って使う人

Z50やZfcには、キットレンズがセット販売されています。

これから新しくZ50・Zfcを買う人は、上記の2本セットを買う方がよいと思います。

Z50のダブルズームキットでも良いですが、望遠が好きか広角が好きかが判断基準になります。


Zfcの情報まとめ記事はこちら

Zfcの基本情報や、Z50との比較も行っています。気になる方はぜひ読んでみてください。

レトロスタイル!ニコンZfc発表!考察レビュー【Z50との比較・キットレンズの作例・他のZシリーズとの違い】

最後に

ニコンZマウントレンズAPS-C用は、全て出揃ったことになります。

はやり広角レンズが欲しいところですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。