レトロスタイル!ニコンZfc発表!考察レビュー【Z50との比較・違い・キットレンズの作例・スペック・価格】

 

ニコンのミラーレスカメラZfcの発表がありました!
レトロデザインですが、中身は最新のミラーレス機です。
特徴・要点・ニコンZ50との比較も行いましたので皆さんと共有します!
ニコンプラザで実機を触ってきました!

 

①Zfcってどんなカメラ?
②Z50との差・スペックの要点
③2本のキットレンズについて

Zfcの発売日

2021年7月下旬発売予定
予約は7月1日10時より開始

価格は

13万円(ボディのみ)
15万円(ボディ+DX16-50mm)
16万円(ボディ+28mm)

位になるようです。

Z50はボティだけで11万円くらいなので、新発売の機種であることを考えると高くはない値段設定です。

世の中、カメラ部品の調達に時間がかかっているようで、予約しないと当分買えないかもしれません。

Zfcとはどんなカメラ?

レトロだけど中身は新しい!

①35年前のカメラデザインだけど中身は最新!

外観デザインを35年前のフイルムカメラ「Nikon FM2」のデザインを意識したレトロスタイルなカメラになっています。

中身はZ50同様のニコンのミラーレス機になっています。


②外観デザインをカスタマイズできる!

「Zfc」の外装は、黒色の人工皮革で覆われています。

この皮の部分を6色に張り替えすることができます。

キャンペーン中は無料になります。(終了後は4950円)

最近のカメラは、黒かシルバーがメインで無骨な印象です。7色から選べるミラーレス機は他にはありません。


③Z初のバリアングルモニター

モニターを反転することができる「バリアングルモニター」になっているので、自撮りも簡単に行えます。

ニコンZシリーズでは初めてのバリアングルモニターで使い勝手が向上しています。

④Zfc用にデザインされた2つのレンズ

本体の【Zfc】とセットで2本のレンズが発売されます。

・NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 V(シルバーバージョン)

・NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)

【Zfc】のレトロなデザインに合うように特別に設計されたレンズになっています。

Z50との違い

Z50との大きな違いは4点!
①バリアングルモニターの有無 →【Zfc】のほうが使いやすい!
②内蔵フラッシュの有無 →【Zfc】には無い!
③グリップの有無内蔵フラッシュの有無 →【Zfc】には無い!

④スペシャルエフェクト機能の有無 →【Zfc】には無い!

①バリアングルモニターの有無 

→【Zfc】のほうが使いやすい!

Zfc
Z50

Z50では、モニターがカメラの真下にくるような形状でした。正直、使いにくくて全く使いませんでした。

Zfcは、バリアングルで自撮り時、三脚固定しながらも見やすく使いやすさが向上しています。

②内蔵フラッシュの有無

 →【Zfc】には無い!

暗い場所では、フラッシュがあると役に立ちますが、Zfcではなくなってしまいました。

③グリップの有無

 →【Zfc】には無い!(別売で追加できる)

Z50はグリップはありましたが、Zfcではフラットなデザインに変更されています。

グリップがあるとかなり持ちやすくなります。

Zfcには、追加でグリップを追加できるオプションがあります。

18,700円もしますが、またデザインが変わってこちらもいいですね。

【Z fc用エクステンショングリップ Z fc-GR1】

 

④スペシャルエフェクト機能の有無 

→【Zfc】には無い!

他のZカメラとのの違い

中身はほぼZ50!

①基本スペックはZ50と大差はない

光を受けるセンサーも画像処理エンジンも同じなので、

出力される写真データは「Z50」と同じになります。

カメラスペックの差というよりかは、持った時のホールド感とか、持っていることの満足感の差になります。

要点だけまとめると以下のようになります。

Zfc Z50 Z5
実売価格

目安

13万円(ボディのみ)

15万円(ボディ+DX16-50mm)

16万円(ボディ+28mm)

11万円 15万円
有効画素数 2088 2088 2432
撮像素子 APSC APSC フルサイズ
画層センサー 表面照射型 表面照射型 表面照射型
総画素数 2151 2151 2493
ボディ手ブレ補正 軸補正
記録媒体 SDXC

(UHSI

SDXC

(UHSI

SDXC

(UHSII

ダブルスロット 順次記録

バックアップ記録

ファインダー

ドット

0.39

約236万

0.39

約236万

0.5

約369万

最速シャッター

スピード

1/4000 1/4000 1/8000
フォーカス

ポイント

209 209 273
記録画素数

フレームレート

・4K UHD:30p

・1920×1080

 

・4K UHD:30p

・1920×1080

 

・4K:30p

・1920×1080

その他の機能
モニター 約104万 約104万 約104万
電池容量 約310コマ 約280コマ 約390コマ
寸法

××

約134.5×

93.5×

43.5mm

約126.5×

93.5×

60mm

約134×

100.5×

69.5mm

質量 約445g 約450g 約675g
ニコン Z50 16-50 VR レンズキット
created by Rinker
スペックだけを見ると、Z50と同じです!
バッテリーも同じものですが、撮影枚数が多くなっています。
Nikon Z50 Zfc バッテリー EN-EL25
created by Rinker
バッテリーが品薄状態のようです。
2つは欲しいので、売っているのを見つけた時は買っておきましょう。

②センサーの違い

ニコンのミラーレスカメラは大きく分けて2種類あります。

レンズを通った光を受ける「センサー」部分の大きさが
Z7・6・5は「フルサイズセンサー」
Zfc・Z50は「APS-Cセンサー」

になっています。

今回、発売された「Zfc」は「APS-Cセンサー」です。
「Zfc」は、2019年11月に発売されたAPS-Cサイズセンサーの「Z50」の兄弟のような位置づけになります。

③ソフト面では出し惜しみなし!

Zfcは、上位機種Z7・Z6と同じソフトウェアが搭載されています。

・画像処理エンジン最新のEXPEED 6
瞳オートフォーカス機能搭載

Z7・Z6と共通している仕様が多く、上記機種と変わらない機能を持っています。

出し惜しみの無いカメラになっていて、好感が持てます。

③上位機種と同じマウント(カメラとレンズの接続部)

Zfcは上位機種のフルサイズ機Z 7・ Z 6と同じ【Zマウント】が採用されています。

従来のFマウントよりも大口径にすることで、Zマウントレンズは描写力が高く・コンパクトな形状に設計されています。

同じマウントなので、Zfcでも、Z7でも同じレンズを使い回すことができます。
(センサーサイズAPS-C・フルサイズの制限はあります。)

2本のキットレンズについて

超軽くて小さいのに便利

① NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR

キットレンズの1本目は既に発売されているレンズの色違いです。

私はもう1年以上使用していますが、小さいのによく写るのでとても気に入っています。

重さ135g厚み3センチしかなく、持ち運びにも苦になりません。

広角16mmから中望遠50mm(フルサイズ換算で24-75mm)の標準ズーム領域をカバーしています。

最短撮影距離は20センチなので、料理などテーブルフォトでも十分近寄って撮影できます。

また、この小さなレンズの中に、4.5段分のの手ブレ補正機構が入っています。

手ブレ補正があると、過度にISO(感度)を高くする必要がなくなるので、鮮明な写真を撮ることができます。

ニコンZ50で撮影したグランフロント大阪で座っている人

 

NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR
created by Rinker

②NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)

160gの単焦点

キットレンズの2本目は、Zfcと同時の新発売のレンズです。

ZfcはAPS-Cセンサーなので、焦点距離42mm相当(35mm判換算)になります。

レンズの明るさを示すF値は2.8で明るい部類に入ります。

明るいと、背景がボケやすく印象的な写真を撮ることができます。

また、重さは160gしかないのでキットレンズ①と同様、カバンに入れても邪魔にならないコンパクト設計になっています。

Zfcでキットレンズだけで満足するのはもったいないです。
表現の幅を広げるためにも追加でレンズ購入することをオススメします。
購入の際の注意点などを別記事でまとめました。

 


Zfcの実機を触った感想

懐かしいような新しい

 

ニコンプラザで実機を触ってきました!感想を少し共有します!

①ずっしり身が詰まっている感じ!

初めて持った感触は、詰まってる感がありました。

Z50を使っている重さとほぼ同じはずなのですが、グリップが無い分、塊感のような印象でした。

あと、Zマウントやっぱり大きい!

②シャッター音がZ50と違う?!

シャッター音がZ50と同じと思いますが、なんとなくZfcの方が響いている感じがしました。

内部の構造の違いが少し出ているのかもしれません。

③質感がいい!

シルバーの塗装ニコンのサイトで見るよりもつやつやしていました。

「Nikon」「Zfc」のロゴマーク部分は掘り込まれていて安っぽさは無かったです。

ダイヤルはアルミ削り出しで、作られているのでプラスチックには出せない感触がしっかりとありました。

バリアングルモニターの背面は、ボディと同じ黒の塗装で本当に昔のフィルムカメラのようなザラザラとした仕上げでした。

④少し持ちにくい!

Zfcはグリップがなくフラットなボディなので、単体で持つと少し持ちにくいなと感じました。

首からストラップでぶら下げて使うといいかもしれません。

⑤操作感はZ50とは別物!

カメラ上面の操作系が、メカ感があって、ダイヤルのクリクリ回す感触も反動があってよかったです。

Z50とは異なり、アルミ削り出しのダイヤルを回して操作する過程が楽しく感じました。

⑥バリアングルはめっちゃ便利!

Zシリーズ初のバリアングルモニターは使いやすかったです。

縦撮り、自撮りの際には確実にZ50よりも使いやすいだろうなって感じました。

また、モニターを隠した状態にできるので、撮った写真は、家に帰ってから見返す、といったような昔ながらのカメラの使い方ができるなって思いました。

 

Zfcはどんな人におすすめか

スマホでは満足できない人に使って貰いたい

①カメラを持つことにも喜びを感じたい人

「Zfc」はレトロな外観のデザインが最大の特徴です。

他のZシリーズカメラにはないデザインで、持ち歩くことが楽しくなるカメラだと思います。

若い人をターゲットにしているようですが、昭和世代の方も懐かしく感じるデザインなので、

「Zfc」をみて、良いと感じた人には単純におすすめできるカメラです。

①スマホカメラより良く撮りたいと思っている人

この「Zfc」は、撮りたい物に合わせてレンズを交換することができ、確実にスマホよりも良い画質の写真を撮ることができます。

「画質に妥協しないコンパクトなカメラ」が欲しいと思っている方にはぴったりだと思います。

③ニコンZマウントレンズを使ってみたいと思っている人

私がニコンを使い続けている理由の一つに「ニコンのレンズは高品質」であることが挙げられます。

特にZマウントレンズ」は本当に高画質なすっきりとした写真を撮ることが出来ます。

「Zマウントレンズ」の凄さを一度、このZfcと共に体感して貰いたいです。

 

Zfcに追加するおすすめレンズ

結局、Z50とどっちがいいか

違いは外観デザインと操作感
私は「Z50」を1年以上使っていますが「Zfc」も欲しいなと思っています。
機能面では大差ないですが、外観デザインだけのために買い替えたくなっています。
正直、Z50との差はスペック的には大差ないので、デザインと価格で決めることになります。
ニコン Z50 16-50 VR レンズキット
created by Rinker
Z50のレビューも書いていますので参考に読んでみてください。

上位機種と悩んでいる方へ

この記事を読んでくれた方の中には、他のミラーレス機のZシリーズとどちらを買うか悩まれている方も多いと思います。

別記事でレビューをしていますので、参考に読んでいただければと思います。

 


Z50の作例

私がZ50で撮影した写真・動画・タイムラプスの作例を載せておきます。参考にみてください。

①静止画

見上げる猫


②タイムラプス

 


③動画

 


最後に

Zfcの考察レビューを行いました。

外観デザインはレトロなのに、中身は最新というずるい組み合わせで

おもしろいカメラだとと感じています。

今後のレンズの展開も気になります。

また何か情報があれば随時更新していきます。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。