試写にいってきました!NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S【作例・使用感】

 

こんにちは。よーきーです。

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sで試写に行ってきました!

 

人気で品薄状態

私は予約開始日に予約して発売日に購入することができました!

かなり人気のようで、品薄状態が続くとニコン公式からアナウンスが出ていました。

同時発売の「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」も売り切れている状態です。

今回は、Z7Ⅱと一緒に、大阪万博記念公園に試写に行ってきました。

マクロ撮影

レンズ先端から13cmまで寄れる

このレンズは、レンズ先端から13センチくらいまで近づいて撮影することができます。

実物と同じ大きさに撮影できる【最大撮影倍率1倍】です。

レンズフードの先端から7センチくらいまで寄れますが、ぶつけてしまいそうでなかなか慣れませんでした。

前日に雨が降ったこともあって、水滴が蜘蛛の巣に残っていました。

マクロ撮影の楽しさは、肉眼では気がつきにくいシーンに出会えることですね。

中望遠レンズとして

軽くて機動性の高い

このレンズは見かけによらず、630gしかないのでとても軽く快適でした!

105mmという焦点距離は、ニコンFマウントの「AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED」で使い慣れているので違和感がありませんでした。

風景の中から切り取っている感覚が強く、伝わりやすい写真になります。

竹林の奥行き感が好きです。あると絶対に撮ってしまいます。

紫陽花も終わりかけの時期でしたが、日陰に少し残っていました。

中望遠だと背景のボケもあるので背景処理も楽で楽しいです。

使ってみた感想

普段撮らない写真

1日、マイクロレンズを使って思ったことは、

普段、撮らないような写真を撮っているな、ということでした。

寄れる寄れないという制限ではなく、

自分自身がマクロな視点になって、

これ撮れるかな、面白そうだな、撮ってみたいなという感覚になっていました。

F値の操作も、普段より意識して撮影していました。

ピント面以外が大きくボケるので、印象的な写真になります。

また、植物の模様や、色に敏感になり、いつもよりもよく観察しながら、撮影していました。

こんな小さな葉からも季節の変化が感じられ、同じ被写体でも季節ごとに撮影してみたくなりました。

作例

詳細なレビュー記事

詳細なレビュー記事は、こちらに書いています。

興味のある方は、読んでみてください。

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S
created by Rinker

最後に

私は「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」を買いましたが、

同時発売の「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」も使ってみたいです。

軽く、寄れる、中望遠レンズとしても使えるので、便利レンズとしても活躍してくれそうです。

また、使ってみて気がついたことがあれば、皆さんと共有したいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。