Z9+NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sで流し撮り【設定・注意点】

ニコンのミラーレス「ニコンZ9」で競艇の流し撮りをしてきました!

Z9での流し撮りの機材と設定

Z9+NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

機材は、Z9とNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sを使用しました。

競艇会場と撮影ポイントとの距離は思ったよりも近かったので、焦点距離200mmでも十分でした。

ボートの移動速度がかなり早いのでオートフォーカス性能が重要です。

設定はマニュアル

撮影時の設定はマニュアルで行いました。

シャッタースピードは、1/30付近

F値は、10位

ISO感度は、100

NDフィルターは使いませんでしたが、ND4位を使用した方が白飛びを抑えられそうで

次回からは持っていこうと思いました。

シャッタースピードは1/30より遅く

流し撮りはできるだけシャッタースピードを遅くする方がよく流れます。

ただし、長ければ長いほどブレた写真になるので、難易度が上がります。

今回の撮影では、1/30が最適解だなと感じています。

1/50だと流れ具体が物足りず、

1/25だとブレすぎて成功写真がほとんど得られなかったです。

撮影の腕の問題かもしれませんが、1/30位がちょうどいいシャッタースピードでした。

Z9は流し撮りに最適なカメラ

Z9での流し撮りは初めてでした。

今回使ってみて、Z9は流し撮りに最適なカメラだと感じています。

理由は以下

①ブラックアウトフリー

Z9はファインダーの映像が常に表示されているブラックアウトフリーです。

シャッターを切っている間も被写体が表示され続けるので、

狙って流し流しやすかったです。

②手ぶれ補正はかなり効いている

Z9のボディ内手ぶれ補正がかなり効くので、

カメラを横方向にスイング(パンニング)している間も、縦方向の揺れを抑えてくれます。

それでも被写体自身(ボートと運転手)が上下に動いているので、

綺麗な流し撮り写真を撮れるのは30枚に1枚もありません。

 

Z9で撮影した作例

作例は3000枚撮って、お見せできる写真は9枚だけです(笑)

もう少し練習して、今度はナイターのレースを撮りにいこうと思っています。

撮影で使用したレンズ

Z9のレビュー

Z9のレビュー記事はこちら

最後に

大きなイベントがなく、身近な所で練習しています。

はやく手に馴染むように使い込んでいきたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。