ニコン ミラーレスZ50のレンズ構成を考える。小さいカメラは楽しい。おすすめレンズ

今回は、ニコンZ50のレンズ構成、汎用性の高いシステムの検証を行います。

私自身が、ニコンZ50に惚れ込んでしまい、もっと使いこなしたい、もっと便利にしたいと考えはじめ、

キットレンズで不足している部分、もっとパワーアップできるような構成を検討中です。

現時点での結果をまとめます。

Z50を中心にしたシステムの良いところ

軽い小さいは正義・撮影する機会が増える

①Z50の軽さ・小ささ

Z50を買って良かったと思えるところは、小さく軽いため、撮影機会が増えたということでした。

D850をメインで使っている私としては、通勤用カバンにD850は入らず、1.5kgを超えるものを持ち運ぶことは難しいです。ですが、Z50は通勤用カバンにも入るので毎日持ち歩いています。それによって、撮影する機会が確実に増え、写真をより楽しめています。

②軽いことによる負担軽減

D850で撮影をしていると、カメラの重さでだんだんと疲れてきて、集中力も切れてしまいます。ですが、Z50+キットレンズ NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VRで約585gしかないため、撮影時の負担がかなり軽減され、次はこのアングルで撮ろう、あっちから撮ろうなど、積極的に撮影を楽しめている気がしています。Z50を中心にしたこの軽い小さいシステムをもっと極めたいと思っています。

キットレンズ

②優秀な2本のキットレンズ

別のZ50のレビュー記事でもその魅力を書きましたが、この2本のレンズはキットレンズなのに本当に優秀だと感じています。また軽くバランスも良いのでZ50を使う上でいい組み合わせです。

参考記事:Z50のレビュー / キットレンズを使用したギャラリー

①2本のキットレンズの撮影範囲

ダブルレンズズームキットで撮影できる範囲は以下のような範囲になります。

Z50はAPSCサイズのセンサーのため、レンズに印字されている画角の数値から1.5倍する必要があります。

計算すると22.5-375mmが撮影できる焦点距離になります。これだけの焦点距離があれば、日常生活では十分な範囲です。ただ、APSCサイズのセンサーのため、どうしても広角側が不足気味になってしまいます。

この写真は、一番広角側の22.5mmで撮影したものです。ここからもっと空を広く撮りたいと思うと、広角側のレンズを追加する必要があります。

グランフロント 夕焼け

キットレンズ以外のシステム構成

システム① 小三元 F4通しの2本

ニコンからは、フルサイズ用のZマウントレンズで ズームしてもF値が変動しない小三元が発売されています。(望遠側はまだ予定すらないので、実際は2本)

このレンズをZ50で使用することも実用的です。Z50で使用すると21-105mmまでの焦点距離を撮影することができるシステムになります。F値が変わらないということはとても使いやすいですし、軽く描写力も高いです。

キットレンズで満足できない場合は、このシステムにバージョンアップすることをおすすめします。フルサイズ用レンズなので、将来フルサイズ機も使いたいとなった場合もそのまま使えます。

作例:NIKKOR Z 14-30mm f/4 S

NIKKOR Z 14-30mm f/4 S
created by Rinker
NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
created by Rinker

システム② NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR

7月に発売されたばかりのこのレンズを使用すれば、36-300mmまでの焦点距離を1本で済ますことができます。①のシステムと違いF値は変動しますが、価格も安く1本で済むのでより身軽になります。

キットレンズより描写力は上がると思われますが、①の方が良いです。

NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR
created by Rinker

Z50のレンズシステムの広角側をどうするか

上記で説明しました、Z50+キットレンズ、もしくは、①F4通し小三元 ②24-200のズームレンズ 追加に共通する弱点が、広角側のレンズです。
Zマウントからは、まだAPSC用の広角レンズで出ていません。ニコンのロードマップでもまだ記載されていません。そのためどうしても広角側で広い風景を撮りたい場合は、Fマウントレンズも視野に入れることになります。
私の持論、考察の結果ですが、Zマウントだけで完結できるようになるにはそれなりの年数がかかると予想されます。またFマウントレンズで発売日が浅いものはZレンズでの更新は当分されないと思われます。
よって、Fマウントレンズも検討範囲に含めるべきだと感じています。ただ、注意が必要なのが、Fマウントを使用するには、FTZマウントアダプターが必要です。

①Fマウント魚眼レンズ AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED(2017年発売)

広角レンズではなく、魚眼レンズですがAPSCで使用すると擬似的に広角レンズとなります。

12mmという広角レンズになるので、かなり広い範囲を撮影できるので、上記のレンズ構成では撮影できない写真になります。広角レンズと異なり、写真の端の方が湾曲する少し歪んだ絵になります。ただ、ニコンの画像編集ソフト「Capture ND-X」を使えば収差を抑えることができます。12万円前後しますので、結構高いです。485gでそこそこ重たいです。

作例:AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED

ニコン AF-S Fisheye 8-15mm f/3.5-4.5E ED
created by Rinker

Fマウント広角レンズAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR (2017年発売)

このレンズは、FマウントのAPSC用の広角レンズです。15-30mmの焦点距離になるので、Z50のキットレンズに追加するだけで、広角側を補えます。235gでとても軽く、Z50システムに組み込むのもありだと思っています。3万円くらいで買えます。

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR
created by Rinker

 


最後に

今回は、Z50のレンズ構成の検討を行いました。

Z50というカメラは小さいのによく写るし、本当に楽しいカメラだと感じています。

もっと使いこなして、Z50の可能性ももっと活かしていきたいと思っていますので検討を進めていきます。

また追加更新する予定です。

 

参考記事:Z50のレビュー

このブログの「Gallery」のページを随時更新していきますので、良かったら見ていってください。

よろしくお願いします。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


今回の記事に関連した機材

ニコン Z50 16-50 VR レンズキット
created by Rinker

 

グランフロント 夕焼け
Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。