ニコン Z5!考察( Z6、Z50比較レビューとレンズ)

ニコン からミラーレス一眼レフ Z5 が発表されました。

フルサイズ ミラーレス機のZ7やZ6の発売から約2年弱が経過し、比較的価格が安い機種がやっと出ました。

今回は、Z5の特徴と、Z6やZ50との比較、考察を行いました。要点を以下にまとめます。

Z5 画像

参考出展元:ニコン  オフォシャルホームページ Z5


Z5の特徴・要点まとめ

Z6を改良し、余分な機能を削ったカメラ

Zシリーズニコンからは、ミラーレスカメラが3台発売されています。

Z5は、2年前に発売されたZ6をベースに作られた4台目のカメラになります。

そのZ6から、改良を重ねた部分と、性能を削った部分があります。

ざっと要点だけまとめると以下のようになります。

Z6から機能が向上した部分

・Z6で不評であったメモリースロットが1枚から2枚に変更

・USBからの給電が可能になり、撮影しながら充電できるようになった

・新しいバッテリーを採用し、電池寿命の向上

・インターバル撮影しながら、タイムラプス動画を同時録画できるようになった。

Z6から機能が低下した部分

・画像センサーが Z6の裏面照射型から、表面照射型にグレードダウン変更

・連写性能の低下 Z6は、1秒間で5.5コマだったものが、4.5コマに低下

・動画性能の低下 Z 6ではFHD/120p、N-Log、4Kフルフレーム、10ビットHDMI出力ができたがZ5では不可

・背面モニターの解像度の低下、(210万から104万ドット)カメラ上面のサブモニターの廃止


Z6・Z50と性能比較

必要十分な性能でコスパの良いカメラ

Zシリーズ

比較表

要点だけまとめると以下のようになります。

Z6 Z5 Z50
実売価格

目安

22万円 16.5万円 10万円
有効画素数 2450万画素 2432万画素 2088万画素
撮像素子 フルサイズ フルサイズ APSC
画層センサー 裏面照射型 表面照射型 表面照射型
総画素数 2528万画素 2493万画素 2151万画素
ボディ手ブレ補正 5軸補正 軸補正
記録媒体 XQDカード

CFexpressカードB

SDXC

UHS-II規格対応)

SDXC

UHS-I規格対応)

ダブルスロット 順次記録

バックアップ記録

ファインダー 0.5

369万ドット

0.5

369万ドット

0.39

236万ドット

シャッター

スピード

1/800030 1/800030 1/400030
フォーカス

ポイント

273 273 209
記録画素数

フレームレート

4K30p

1920×1080

120p

スロー:5

4K30p

1920×1080

60p

4K UHD30p

1920×1080

120p

スロー:5

その他の機能 タイムラプス動画

電子手ブレ補正

動画Log出力

タイムラプス動画

電子手ブレ補正

 

タイムラプス動画

電子手ブレ補正

モニター 210万ドット 104万ドット 104万ドット
電池容量 310コマ 390コマ 280コマ
寸法

××

134×

100.5×

67.5mm

134×

100.5×

69.5mm

126.5×

93.5×

60mm

質量

バッテリー

メモリーカード含

675g

 

675g 450g

 

スペックだけを見ると、Z6よりも格下、Z50よりも格上というポジションです。

Z6に機能面では少し劣りますが、ボディ性能は同じファインダー(EVF)や画層処理エンジン、画素数も変わらないので、

実売価格がもう少し下がってくればコスパの良いフルサイズミラーレスカメラとなりそうです。

Z5は、Z6から動画機能が削られている部分が多いので、動画を撮る予定がない人は気にする必要はないですね。


Z5とZ6の実売価格

キャンペーン次第では、Z6の方が安い

まだ発表されて間もないですが、実売価格、予約価格は以下のような状況です。

Z5 Z6
ボディのみ 約 16.5万円 約22万円
レンズセット 約 20万円 約26万円

2020年9月30日まで、キャッシュバックキャンペーンをやっており、

Z6は、最大で4万円引きになります。そうすると、

Z5もZ6も値段が変わらず、しかもZ6のセットレンズの方が良い性能なので、

上記機種のZ6を買う方がお得になっている状況です。

もしかしたらZ5の発売日にキャッシュバックキャンペーンの追加が行われるかもしれませんので、要チェックです。

参考: ニコン  オフィシャルホームページ

参考記事:キャッシュバックの考察記事 一番お得に買う方法

ニコン Z 6 24-70+FTZマウントアダプターキット
created by Rinker
Nikon Z5 レンズキット NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3
created by Rinker

Z5の良い点・イマイチな点

あと少し価格が下がれば、かなり良いZ5

Z5の良い点

①上記機種のZ6と大差ない性能と使用感

上記機種のZ6、Z7と同様な操作性と、写真と撮る際に重要なファインダーの性能(EVF)は同じものが採用されており、写真を撮る際に重要なカメラ性能は、維持されています。この辺りは、ニコンが写真を撮るということを重要視していることが感じられますね。

実際、ファインダー内の接眼部分のガラスコーティングが違うなど、細かなコストダウンが図られているようですが、使用している際には気が付かない部分のマイナーチェンジがあります。

②Z6のデメリットをしっかり潰している。

Z5で追加された以下のメリットは、Z6でユーザーが不満に思っていた点です。それを確実に潰してくれました。

・Z6で不評であったメモリースロットが1枚から2枚に変更  ←これを理由にニコンを選ばない人がかなりいたようです。

・USBからの給電が可能になり、撮影しながら充電できるようになった ←できないよりできる方が良いが、給電しながら使う場面そんなにありませんが、タイムラプス撮影中に電池がなくなる状況を回避できます。

・新しいバッテリーを採用し、電池寿命の向上 ←310枚から390枚に向上している。ミラーレスが電池の消耗が早い。

③ソフト面でも改善されている。

Z6にはタイムラプス撮影機能が付いています。

Z5はインターバル撮影(静止画を一定間隔で撮影)しながらタイムラプス(動画)を同時録画できます。

これはZ6でファームアップでも対応されていないので、Z5は内部メモリが増強されているのだと思います。

このように、カタログでは説明されていない部分も地味にパワーアップしています。

Z5のイマイチな点

①値段が少し高い

実売価格16.5万円くらいです。フルサイズミラーレス機であれば十分安い部類に入りますが、2年前の上位機種にあたるZ6との価格差がそこまで大きくないです。

Z6はキャッシュバックキャンペーンを2020年9月30日まで行っており、レンズキットだと4万円引きもしてくれます。Z5の購入を考えている人は、Z6との比較も検討されていると思いますが、実売価格がもう少し下がるか、Z5もキャッシュバックキャンペーンの対象になるまで待ったほうが良いです。Z5は初期値がそもそも安いので、キャンペーン対象になるのはもう少し先になるかもしれませんが。

②連写性能の低下

Z6は1秒間で5.5コマだったものが、Z5では4.5コマに低下しています。

数字上は1コマしか違いがありませんが、実際連写してみると結構な差があります。Z5はZ6よりも内部のバッファメモリが多いと思われるのですが、何故か下がっています。他のメーカーでも言えることですが、上記機種を超えないように制限しているのかもしれません。

②本体上面モニターの廃止

Z5では、本体上面のサブモニターが廃止になっています。

私、個人としては、それでもサブモニターは欲しい派です。サブモニターは、絞りやISOなど撮影しながらパッと確認した情報がまとまっているので、撮影中に見ることが多いです。

ですが、完全なデメリットではなく、Z5は右手でほとんどの操作ボタンを操作できるので、Z6よりも操作性は向上しています。

 


キットレンズ NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 

気軽に持ち歩ける標準ズームレンズ

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3

①重さ195g 

軽いは正義。という言葉がありますが、フルサイズミラーレスカメラのレンズで195gは異常に軽いです。

②薄さ51mm 

厚みが薄いと、肩からカメラをぶら下げておくには、邪魔にならず、持ち出す機会が増えると思います。

カバンにも収納しやすくかさばりにくいです。

③焦点距離 24-50mm

24mmの広角側から、50mmの標準領域の ズーム範囲の短いレンズになりますが、

テーブルフォトや、風景、人物写真、と24-50mmという焦点距離は使いやすく

日常生活の中で汎用性の高いレンズとなりそうです。


Z5におすすめのレンズ

キットレンズで撮ることができる範囲

一般的に、14mmの広角側から200mmの望遠側まであれば、身近なものを撮影するには困りません。

焦点距離表

この14-200mmの範囲の中で、標準領域といわれる範囲は、24-70mmです。

キットレンズの「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」では、24-50mmの範囲しか撮れないので、

もう少し望遠側を撮りたい、もう少し広く撮りたいと思う時が確実にきます。

ズーム表

おすすめのレンズ

・NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR

24-200mmまで撮影できるとても便利なズームレンズです。

旅行や観光に行く際にはこれ一本で十分です。

NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR
created by Rinker

・NIKKOR Z 14-30mm f/4 S

キットレンズや、上記のレンズでは24mmが最大の広角側になります。

このレンズを追加すれば、14-50mmという範囲に拡大することができます。

広く撮りたい場合はこのレンズがオススメです。

このレンズは本当に使いやすく写りも良いです。作成レビューもよければ見てください。

(レビュー記事:NIKKOR Z 14-30mm f/4 Sレビュー作例とNIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sの考察

NIKKOR Z 14-30mm f/4 S
created by Rinker

・NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

キットレンズの「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」では、

ズームするとF値が大きくなり、暗くなっていきます。(手ブレし易く、背景がボケにくくなる)

そのため、このレンズを使用すれば、どの領域でもF値4で固定できます。

キットレンズセットを買わない場合は、追加でこのレンズを買うのもアリだと思います。

Z6のキットレンズで発売され、出荷量が多いこともあり、

Amazonで新品や新古品が5万円くらいで買える時があります。

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
created by Rinker

・NIKKOR Z 85mm f/1.8 S

これは単焦点レンズです。

一般的にズームレンズより、単焦点レンズの方が描写力が高く、

背景を大きくボカすことができるので、より印象的な写真を撮りことができます。

そのあたりは、別記事で書いていますので、参考にしてもらえればと思います。

(参考記事:ズームレンズ不要論

NIKKOR Z 85mm f/1.8 S
created by Rinker

マウントアダプターFTZ

ニコンのFマウントレンズがZカメラで使用できるようになる、マウントアダプターFTZ は買ったほうが良いです。

歴史のあるニコンのFマウントレンズは90種類以上あるので、楽しさが広がります。

Fマウントレンズは最新の設計のものから、オールドレンズ的に使用できるものもたくさんあります。

中古品も多く出回っており、Z5を買ったからといってZレンズだけ使うのは勿体ないです。

このブロブの別記事で、このアダプターの使用感を詳しく書いていますので、参考に見てください。

(参考記事:マウントアダプターFTZ レビュー!FマウントレンズでのAF検証

Nikon マウントアダプターFTZ
created by Rinker

Z5 どんな人にオススメか。

気軽にフルサイズカメラを持ち歩きたい・デビューしたい人

どんな人にオススメか

①フルサイズミラーレス機デビューしたい人

上記のキットレンズ 「NIKKOR Z 24-50mm F4-6.3」と組み合わせると 約870gでかなり軽い部類のフルサイズカメラセットになります。レンズ自体の暑さも5センチしか無いので、普段持ち歩き撮影するスタイルが好きな人には良いと思います。特に、お子さん連れで荷物の多い方や、少し出かける時にカメラを肩から掛けておいて、手軽に撮りたいという方にはオススメできそうです。

②サブ機として

Z5は価格もフルサイズミラーレス機としては安い分類に入ります。

2020年に発売されたミラーレス機の中でも10万円台で買える機種は多くなく、ソニーやキャノンは20万円超えか、古いのにZ5よりも高いです。Z5は、Z6から機能低下している部分もありますが、機能としては十分であり、10万円台で買えるのはかなりリーズナブルな機種です。今後ニコンでカメラやレンズを買い揃えたいという方は、Z5で試してみるのも良いかと思います。

2020年の年末には、いよいよZからプロ機やZ6の上位機種が発売される噂が飛び交っているので、Z5はサブ機として使うことも可能です。

③静止画専門の人

ニコンはそこまで動画機能に力を入れていません。他のメーカーは動画機能をどんどん向上させて搭載していますが、その分価格がどんどん上がっています。

Z5の機能的に、動画機能をそこまで使う予定がない、今後、動画撮影をしたいと思っていない方は、Z5のキットレンズセットは、身軽に身近なカメラとして使用できると思います。

静止画をゆっくり丁寧に撮影したい場合は、Z5で十分楽しめます。Z6との差は連写性能など劣る部分がありますが、1枚1枚丁寧に撮影を楽しみたい方にとっては、大きな影響がないと思います。

 


Z5 のライバル機

Nikonのカメラ

・とりあえずフルサイズ機デビューしたい

Z5

・小さいカメラがいい!

Z50

Z50のレビュー記事参考Z50 レビュー記事

・動画も暗い所もいろんな場面を撮りたい

ニコン Z50 16-50 VR レンズキット
created by Rinker

Z6

Z6 のレビュー記事参考Z6 レビュー記事

ニコン Z 6 24-70+FTZマウントアダプターキット
created by Rinker

SONY α7 III

2年前に発売されてから、ミラーレスカメラの売り上げトップを走り続けている機種

かなり人気ですが、2年前の機種なので価格面から考えても今買うのは勿体無いと思います。

SONY α7III
created by Rinker

Canon EOS RP

Canon初のミラーレスカメラです。ボディ内手ブレが無いなど、少し見劣りする性能です。

8月にCanon EOS R5とR6という、Canonが全力を出したミラーレスカメラが発売されますが、

価格は30万、50万とのことですので、Nikon Z5との比較でできません。

Canon EOS RP
created by Rinker

最後に

ニコンのZシリーズから、初めてエントリーユーザーを意識したカメラの発売になります。

Z5は初めてのフルサイズミラーレスとしては、十分な機能を備えており、

発売までまだ時間があり、もう少し価格が下がってくれば、コスパの良いカメラとなりそうです。

ニコンのカメラは少し価格設定が高いと思われる部分がありますが、

頻繁にキャッシュバックキャンペーンを行っているので、そのタイミングで買えるとかなりお得になるので、

要チェックです。

(参考記事:キャッシュバックの考察記事 一番お得に買う方法

また何か追加情報や判明したことがあれば、随時追加更新を行なっていきます。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。