ニコンZ5!考察レビュー !( Z6・Z50比較とおすすめレンズ・キャッシュバック対象)

ニコンのカメラ Z5の外観

NikonのミラーレスZ5の考察レビューをします!
上位機機種のZ6Ⅱとの差は?
旧型Z6と悩んでいます・・・。
という方が多いようです。
Z5について要点をまとめましたので皆さんと共有します。
Z5を買おうか悩んでいる方は是非読んでみてください!

 

①Z5の特徴・要点まとめ
②Z6・Z50との比較・考察
③セットレンズについて
④Z5におすすめのレンズ紹介
⑤どんな人にZ5はおすすめか

参考:ニコン  オフォシャルホームページ Z5

現在、キャッシュバックキャンペーン中!

Nikon Z5 レンズキット NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3
created by Rinker

いきなり結論!

エントリー機と思えないレベルの高いエントリー機

Zシリーズの要素が詰まったカメラ

Z5の第一印象は、

Z6の下位互換なんでしょ?

と感じている方も多いのではないでしょうか。

でも、実際はZシリーズカメラの要素が詰まったカメラです。

「Zシリーズ」はそもそもの完成度が高いカメラです。

バージョンアップも定期的にありオートフォーカス性能の向上など、発売されたあとからどんどんブラッシュアップされています。

そのため、

エントリー機としての位置付けだけど、完成度が高くなってしまっている

という状態です。

エントリー機と思えないレベルのカメラ

①センサー
②カメラ上面のサブモニターの有無
③連写性能
④動画性能

細かな部分で差はあるものの、最終的に出力される「写真」をみると見分けは付かないレベルで同じです。

Z5は完成度が高くZ6との差も大きくなく、エントリー機と思えないレベルの高いカメラになっています。

Z6とZ5を両方持っている方が使えば違いを感じると思いますが、
Z5でも十分の撮影を楽しめる性能をしています!
ここからより詳細なレビューをしていきます!

Z5の特徴(Z6との比較)

Z6を改良し余分な機能を削ったカメラ

ニコンミラーレスカメラのイメージ写真

ニコンからは、ミラーレスカメラが3台発売されています。

Z5は2年前に発売されたZ6をベースに作られた4台目のカメラになります。

そのZ6から、改良を重ねた部分と、性能を削った部分があります。

ざっと要点だけまとめると以下のようになります。

Z6から機能が向上した部分

・Z6で不評であったメモリースロットが1枚から2枚に変更

・USBからの給電が可能になり撮影しながら充電できるようになった

・新しいバッテリーを採用し電池寿命の向上

・インターバル撮影しながら、タイムラプス動画を同時録画できるようになった。

Z6から機能が低下した部分

・画像センサー:Z6の裏面照射型から表面照射型にグレードダウン変更

・連写性能の低下:Z6は1秒間で5.5コマだったものが、4.5コマに低下

・動画性能の低下:Z 6ではFHD/120p、N-Log、4Kフルフレーム、10ビットHDMI出力ができたがZ5では不可

・背面モニターの解像度の低下(210万から104万ドット)

・カメラ上面のサブモニターの廃止

Z5ではいろんな機能が削られているようにみえますが、
静止画撮影する分には大差のない機能低下です。

Z6・Z50との比較(カタログスペック)

必要十分な性能でコスパの良いカメラ

ニコンミラーレスカメラのイメージ写真

比較表

要点だけまとめると以下のようになります。

Z6 Z5 Z50
実売価格

目安

17.5万円 15万円 9.5万円
有効画素数 2450 2432 2088
撮像素子 フルサイズ フルサイズ APSC
画層センサー 裏面照射 表面照射型 表面照射型
総画素数 2528 2493 2151
ボディ手ブレ補正 5軸補正 軸補正
記録媒体 XQDカード

CFexpressB

SDXC

UHS-II

SDXC

UHS-I

ダブルスロット 順次記録

バックアップ記録

ファインダー

ドット

0.5

369

0.5

369

0.39

236

最速シャッター

スピード

1/8000

 

1/8000

 

1/4000

 

フォーカス

ポイント

273 273 209
記録画素数

フレームレート

4K30p

1920×1080

120p

スロー:5

4K30p

1920×1080

60p

4K UHD30p

1920×1080

120p

スロー:5

その他の機能 動画Log出力
モニター 210 104 104
電池容量 310コマ 390コマ 280コマ
寸法

××

134×

100.5×

67.5mm

134×

100.5×

69.5mm

126.5×

93.5×

60mm

質量 675g 675g 450g

 

スペックだけを見ると、Z6よりも格下、Z50よりも格上というポジションです。

Z6に機能面では少し劣りますが、ボディ性能は同じファインダー(EVF)や画層処理エンジン、画素数も変わらないので、

実売価格がもう少し下がってくればコスパの良いフルサイズミラーレスカメラとなりそうです。

Z5は、Z6から動画機能が削られている部分が多いので動画を撮る予定がない人は気にする必要はないです。

Z5とZ6の実売価格

新品のZ5=中古のZ6

実売価格

2021年3月30日時点の価格は以下のような状況です。
Z5 Z6 Z6Ⅱ
ボディのみ 約15万円 約17.5万円 約24.5万円
レンズセット

24-50

約18万円
レンズセット

24-200

約23万円

Z6の中古品が市場に増えてきましたが、美品だと14万円くらいで買えます。

新品のZ5と中古のZ6は、値段的には大きな差はないですが、買うなら新品のZ5の方が良いと思います。

キャッシュバックキャンペーン

ニコンは定期的にキャッシュバックキャンペーンを行っています。Z5も対象になっていますので、買うならキャンペーン中に買いたいですね。

でも、キャンペーン中は、価格が上がる傾向があるので注意してください。

2021/3/31〜6/7まで開催中!

ニコン Z 6 24-70+FTZマウントアダプターキット
created by Rinker

Nikon Z5 レンズキット NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3
created by Rinker


Z5のメリット・デメリット

コスパがかなり良い

Z5の良い点

①上記機種のZ6と大差ない性能と使用感

上記機種のZ6、Z7と同様な操作性と、写真と撮る際に重要なファインダーの性能(EVF)は同じものが採用されています。

写真を撮る際に重要なカメラ性能は維持されているので、ニコンが写真を撮るということを重要視していることが感じられますね。

実際、ファインダー内の接眼部分のガラスコーティングが違うなど、細かなコストダウンが図られています。

ただ、使用している際には気が付かない部分のマイナーチェンジがあります。

②Z6のデメリットをしっかり潰している

Z5で追加された以下のメリットはZ6でユーザーが不満に思っていた点です。それを確実に潰してくれました。

・Z6で不評であったメモリースロットが1枚から2枚に変更  ←これを理由にニコンを選ばない人がかなりいたようです。

・USBからの給電が可能になり撮影しながら充電できるようになった ←できないよりできる方が良いが、給電しながら使う場面そんなにありませんが、タイムラプス撮影中に電池がなくなる状況を回避できます。

・新しいバッテリーを採用し電池寿命の向上 ←310枚から390枚に向上しています。ミラーレスが電池の消耗が早い。

③ソフト面でも改善されている

Z6にはタイムラプス撮影機能が付いています。

Z5はインターバル撮影(静止画を一定間隔で撮影)しながらタイムラプス(動画)を同時録画できます。

これはZ6でファームアップでも対応されていないので、Z5は内部メモリが増強されているのだと思います。

このようにカタログでは説明されていない部分がパワーアップしています。

Z5はカタログスペック的にもZ6と大差はなく、
コスパの良いカメラですね。

Z5のイマイチな点

①連写性能の低下

Z6は1秒間で5.5コマだったものが、Z5では4.5コマに低下しています。

数字上は1コマしか違いがありませんが、実際連写してみると結構な差があります。

Z5はZ6よりも内部のバッファメモリが多いと思われるのですが、何故か下がっています。

他のメーカーでも言えることですが、上記機種を超えないように制限しているのかもしれません。

②本体上面モニターの廃止

Z5では、本体上面のサブモニターが廃止になっています。

私個人としてはサブモニターは欲しい派です。

サブモニターは絞りやISOなど撮影しながらパッと確認した情報がまとまっているので撮影中に見ることが多いです。

ニコンミラーレスカメラ Z6とZ5の大きさ比較写真

完全なデメリットではなく
Z5は右手でほとんどの操作ボタンを操作できるので
Z6よりも使いやすい場面もあります!

 

Z5はどんな人・用途におススメか

フルサイズデビューしたい人

どんな人・用途にオススメか

①フルサイズミラーレス機デビューしたい人

上記のキットレンズ「NIKKOR Z 24-50mm F4-6.3」と組み合わせると約870gでかなり軽い部類のフルサイズカメラセットになります。

レンズ自体の暑さも5センチしか無いので普段持ち歩き撮影するスタイルが好きな人には良いと思います。

お子さん連れで荷物の多い方や、
少し出かける時にカメラを肩から掛けておいて、手軽に撮りたいという方にはオススメできます!

②サブ機として

Z5は価格もフルサイズミラーレス機としては安い分類に入ります。

2020年に発売されたミラーレス機の中でも10万円台で買える機種は多くなく、ソニーやキャノンは20万円を超えており古いのにZ5よりも高いです。

Z5はZ6から機能低下している部分もありますが、機能としては十分であり10万円台で買えるのはかなりリーズナブルな機種です。

今後ニコンでカメラやレンズを買い揃えたいという方はZ5で試してみるのも良いかと思います。

③静止画専門の人

ニコンはそこまで動画機能に力を入れていません。他のメーカーは動画機能をどんどん向上させて搭載していますが、その分価格がどんどん上がっています。

Z5の機能的に動画機能をそこまで使う予定がない、今後、動画撮影をしたいと思っていない方はZ5のキットレンズセットは身軽に身近なカメラとして使用できると思います。

静止画をゆっくり丁寧に撮影したい場合はZ5で十分楽しめます。

Z6との差は連写性能など劣る部分がありますが
1枚1枚丁寧に撮影を楽しみたい方にとっては大きな影響がない
と思います。

スポンサーリンク




Z5のキットレンズの解説

1本目:NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3

気軽に持ち歩ける標準ズームレンズ


NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3のイメージ写真

①重さ195g 

「軽いは正義」という言葉がありますがフルサイズミラーレスカメラのレンズで195gは異常に軽いです。

②薄さ51mm 

厚みが薄いと肩からカメラをぶら下げておくには邪魔にならず持ち出す機会が増えると思います。

カバンにも収納しやすくかさばりにくいです。

③焦点距離 24-50mm

24mmの広角側から50mmの標準領域のズーム範囲の短いレンズになりますが、

テーブルフォトや、風景、人物写真、と24-50mmという焦点距離は使いやすく日常生活の中で汎用性の高いレンズとなりそうです。

ただ、ズーム領域が少ないことが欠点です。

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3
created by Rinker

2本目:NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR

これ一本で旅に出れる便利ズーム

①軽い・小さい

NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR 焦点距離24~200mm 重さ570g

高倍率ズームレンズの中では、軽い部類に入ります。

他社は欲張った300mまでズームできるレンズを発売されていますが、ニコンは200mmに抑え軽さと描写力を優先しています。

②8.3倍の便利ズーム

24mmから200mmまでの焦点距離を1本でカバーできる8.3倍ズームなので旅レンズとして活躍します。

以下の写真は同じ位置から撮影したものですが、ここまで大幅に画角を変更することができます。

24mm
200mm
NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR
created by Rinker

3本目:NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

①焦点距離とサイズ・重さのバランスが良い

このレンズの良さは全てにおいて「バランスが良い」ことです。

標準ズームの24-70mmをカバーしつつ500gしかありません。

持った時のバランスもとてもよく撮影していても疲れにくいです。

サイズも小さいため、はじめての1本としておすすめできる良いレンズになります。

②F値4の固定ズームと高い描写力

このレンズは、F値が4で固定されています。

ズームしてもF4固定で使用できるので、使っていて明るさが変わることがないので使用感はとてもよくなります。

キットレンズとは思えないくらいの描写力です。

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
created by Rinker

結局、どのキットレンズが良いのか

ズーム領域で考える!

焦点距離のイメージ写真一般的に14mmの広角側から200mmの望遠側まであれば身近なものを撮影するには困りません。
標準領域といわれる範囲は、24-70mmです。

Name
「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」では24-50mmの範囲しか撮れないので、
もう少し望遠側を撮りたいと思う時が確実に訪れます。

ズームレンズの焦点距離のイメージ写真

軽さを犠牲にできる方は
標準ズームの「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」の方が良いです。
NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
created by Rinker

いろんなものを撮影したい、旅によく出かける方は、
「NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR」を買えば不自由なく楽しめると思います。
ただし「レンズの明るさ」がどうしても暗いくらいので、別で単焦点レンズを1本買うともっと楽しめると思います。
NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR
created by Rinker

Z5におすすめのレンズ

ニコン Zのレンズはどれもハズレがないと言われることが多いです。

安いレンズから高いレンズまで幅広いですが、自分の使用用途や、優先順位、価値観で選んで問題ないと思います。

NIKKOR Z 14-30mm f/4 S

キットレンズや、上記のレンズでは24mmが最大の広角側になります。

このレンズを追加すれば14-50mmという範囲に拡大することができます。

広く撮りたい場合はこのレンズがオススメです。

このレンズは本当に使いやすく写りも良いです。作成レビューもよければ見てください。

(レビュー:NIKKOR Z 14-30mm f/4 Sレビュー作例

NIKKOR Z 14-30mm f/4 S
created by Rinker


NIKKOR Z 50mm f/1.8 S

標準領域のの単焦点レンズです。

Zレンズの単焦点レンズの中では、一番安く6.5万円位で買えます。

このレンズが一番安いのに、評価は高いというお得なレンズです。

415gなので比較的軽く、その描写力も高いので1本は持っておきたいレンズです。

Nikon NIKKOR Z 50mm f/1.8 S
created by Rinker


NIKKOR Z 85mm f/1.8 S

中望遠の単焦点レンズです。

一般的にズームレンズより単焦点レンズの方が描写力が高く、

背景を大きくボカすことができるのでより印象的な写真を撮りことができます。

上記の50mmよりも背景をもっとボカすことができます。

NIKKOR Z 85mm f/1.8 S
created by Rinker


NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

ニコンZ 初のf/1.2 最強の単焦点レンズ

重さ1kgもありますが、開放から解像度の高く、背景のボケも現時点でAFの効くニコン最強のレンズです。私も買いました。

(レビュー作例:ニコンNIKKOR Z 50mm f/1.2 Sレビュー作例あり【凄まじい描写力】)

NIKKOR Z 50mm f/1.2S
created by Rinker


NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

ニコンZ 大三元レンズの広角レンズ

10月30日発売で旧型から13年以来の更新です。

広角レンズなのにフォルターも付けられて605gと軽量化されています。

(レビュー作例:NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sレビュー【作例・旧型Fマウントとの比較】)

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S
created by Rinker


NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ニコンZ 大三元レンズの標準広角レンズ

使いやすい標準域をF2.8の明るさで使用できます。

(レビュー作例:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sレビュー【作例・旧型Fマウントとの比較】)

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
created by Rinker


NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

ニコンZ 大三元レンズの望遠レンズ

かなり評判が良いレンズで「レンズ内手ブレ補正」もありスポーツ写真に最適です。

(レビュー作例:NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sレビュー【作例・旧型Fマウントとの比較】)

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S
created by Rinker

テレコン Z TELECONVERTER TC-1.4x Z TELECONVERTER TC-2.0x

(レビュー作例:ニコンZマウント テレコンバーターレビュー作例【2.0倍・1.4倍】)

Z TELECONVERTER TC-2.0x
created by Rinker

Z TELECONVERTER TC-1.4x
created by Rinker


ニコンZレンズのラインナップも増えてきましたので、汎用性の高いレンズ構成の考察を行いました。別記事でまとめていますのでそちらも読んでみて購入するレンズの参考としてください。

レビュー:Z 7II・Z 6II・Z5のレンズ構成を考える。【Z・Fマウントおすすめレンズ】

 

Fマウントのレンズも良いですよ

マウントアダプター FTZ

ニコンFTZマウントアダプター

ニコンのFマウントレンズがZカメラで使用できるようになるマウントアダプターFTZ は買ったほうが良いです。

歴史のあるニコンのFマウントレンズは90種類以上あるので楽しさが広がります。

Fマウントレンズは最新の設計のものからオールドレンズ的に使用できるものもたくさんあります。

中古品も多く出回っておりZ5を買ったからといってZレンズだけ使うのは勿体ないです。

このブロブの別記事でこのアダプターの使用感を詳しく書いていますので、参考に見てください。

(レビュー:マウントアダプターFTZ レビュー!FマウントレンズでのAF検証

Nikon マウントアダプターFTZ
created by Rinker

私のニコンFマウントのおすすめレンズは以下の2本です。

ニコンZマウントからはF1.4の明るさのレンズは発売されていないので、買って損はないと思います。

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

レビュー記事:AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G レビュー

Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
created by Rinker

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED

レビュー記事:AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED レビュー人力車

Nikon AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
created by Rinker

AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED

レビュー記事:AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E EDレビュー AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED で撮影したハロウィンの男の人の写真

ニコン AF-S NIKKOR 28㎜ f/1.4E ED
created by Rinker

 

 

最後に

今回は、Z5の考察レビューを行いました。初めてのフルサイズミラーレスとしては、十分な機能を備えており、

コスパの良いカメラとなりそうです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事でニコンのカメラやレンズのレビューをしています。良かったら見ていってください。

Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。