ニコンZマウント テレコンバーターの考察【基本スペック比較】

ニコンのZ TELECONVERTER TC-1.4xの写真

この記事では、ニコンZマウントのテレコンバーター

Z TELECONVERTER TC-1.4xZ TELECONVERTER TC-2.0x①特徴・要点まとめ

②使用の際の注意点

③Zレンズの中での位置付け

④使用時のイメージ写真

を要点をまとめて説明しています。お急ぎの方は、

↓目次↓から気になる部分へ飛んでください。

基本スペック

1.4倍と2.0倍 の2種類

Z TELECONVERTER TC-1.4x Z TELECONVERTER TC-2.0x
実売価格 63,300円 68,300円
焦点距離 主レンズの1.4倍 主レンズの2倍
F値 1段暗く 2段暗く
レンズ構成 4群6枚 5群8枚
最短撮影距離 主レンズと同一 主レンズと同一
被写界深度 主レンズの1/1.4倍 主レンズの1/2倍
寸法 72mm×18.5mm

全長約37mm

72mm×32.5mm

全長約50.5mm

質量 約220g 約270g
撮影倍率 主レンズの1.4倍 主レンズの2倍
Z TELECONVERTER TC-1.4x
created by Rinker
Z TELECONVERTER TC-2.0x
created by Rinker

特徴としては以下のような点が挙げられます。

装着しても主レンズの最短撮影距離が不変

各種収差を最小限に抑え、主レンズの高い描写力を活かす光学設計

AF性能やVR性能を最大限に活かした設計

・シーリング等をレンズ側、ボディー側の両側に採用した高い防塵・防滴性能

埃や水滴が付着しにくく、付着しても拭き取りが容易なニコン独自の「フッ素コート」を最前面と最後面のレンズ面に採用

注意点

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sのみ対応

①対応レンズがまだ1本しかない

現状、Zレンズで対応しているのは、大三元レンズの「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」のみしか対応していません。今後のレンズにも随時対応していくことがニコン公式で明言されております。

めっちゃカッコイイですよね。Zシリーズはメカ感というかマシン感があって好きなデザインです。

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S
created by Rinker

②画質は下がる

基本的にテレコンを装着するとレンズ本来の描写力は低下します。

「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」は描写力の高さが評判でレビューサイトでも高評価を得ています。

指標の一つのMTF曲線をみてもその高さが確認できます。特に「Z TELECONVERTER TC-2.0x」の場合は、その影響が大きいようです。

 

③センサーを傷つけないように注意

ミラーレスのZシリーズはセンサーが剥き出しの状態で、レンズ交換することになります。

ただのレンズ交換であれば問題ないのですが、テレコンを装着する際に反対につけてしますとセンサーを損傷する可能性があります。操作する際はこの点は注意が必要です。

テレコンのメリット

Zレンズの弱点の望遠側が補える

①Zレンズの弱点である望遠側の焦点距離を補える

Zレンズのラインナップは現状、14本発売済です。

しかしまだ望遠レンズが不足しています。

フルサイズ用レンズだと「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」が最大の焦点距離

APS-C用レンズだと「NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR」で換算375mmが最大となります。

そのため、このテレコンを使えば現状の弱点である望遠側の焦点距離を補うことができます。

「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」に2倍テレコンを装着すれば400mmになるので、余程の被写体でない限りは十分な焦点距離を稼ぐことができると思います。

またZ7やZ7Ⅱであれば、クロップ機能でさらに1.5倍にすることもでき2000万画素レベルのデータ量も維持できるため、擬似的に600mmまで伸ばすことができます。


②軽量化できる
この2つのテレコンを使えば、最大で2倍まで焦点距離を伸ばすことができます。今後のレンズのラインナップとして、

「100-400」と「200-600」がありますが、大きく重たいことが予想されます。

このテレコンを使えば約270gの増加だけで焦点距離を伸ばすことができるので、機動性を重視したい人はテレコンで擬似望遠にすることも検討されることをお勧めします。

使用イメージ写真

ニコンの公式HPに作例が載っています。

これをみると2倍の「Z TELECONVERTER TC-2.0x」があると全然違うレンズを使用しているように見えますね。

イメージ写真の画素数が少ないこともありますが、画質が低下しているようには感じませんね。


Z TELECONVERTER TC-1.4x


Z TELECONVERTER TC-2.0x


作例

私は、画質よりも焦点距離600mmという普段は使えない画角を得るために2倍の方を選択しました。

参考記事:Zレンズのテレコン使用レビュー作例【Z TELECONVERTER TC-2.0x】

参考記事:作例:Z TELECONVERTER TC-2.0x(+NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S)

 


最後に

今回は、ニコンZマウントのテレコンバーター

Z TELECONVERTER TC-1.4xZ TELECONVERTER TC-2.0xの考察、スペック比較、注意点、作例など基本情報をまとめました。画質の低下があるとはいえ、2倍にまで伸ばせるテレコンは魅力的ですね。私も購入を検討しています。同じように悩んでいる方の参考になればと思います。

関連記事でニコンカメラの考察記事も書いていますので、

参考記事:Z7ⅡZ6Ⅱのレビュー

    :Z6のレビュー

    :Z5のレビュー

このブログの「Gallery」のページを随時更新していきますので、良かったら見ていってください。よろしくお願いします。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


 

スポンサーリンク



ニコンのZ TELECONVERTER TC-1.4xの写真
Twitterで交流しませんか?よろしくお願いします。